Kanehatsu Web Blog

最新のエントリー

冷蔵庫を上手に使おう

食中毒の発生しやすい梅雨の時期こそ、冷蔵庫をうまく活用したいですね。
冷蔵庫は、食品を冷やすことによって鮮度が落ちるスピードを遅くするもので、長期間放置しておけば結局は腐らせてしまいます。

そこで上手に冷蔵庫を使うために、次のポイントを守りましょう(゜-^*)σ

詰め込みすぎない
冷蔵庫内は、冷却器で冷やされた空気が循環しています。
ものを詰め込みすぎると庫内全体が均一に冷えず、食品の保存期間を縮めてしまいます。

食品は熱いまま入れない
煮物やお湯で出した麦茶などは、必ず冷ましてから冷蔵庫に入れること。
熱いまま入れると庫内の温度は上がり、中にあった食品の温度まで上げてしまいます。

何回も開閉したり、開けっぱなしにしない
30℃以上の室温で冷蔵庫のドアを10秒間開けておくと、庫内の温度は約5℃上昇します。
庫内の温度が上がると中の食品にダメージを与え、再び元の温度に戻すため、余計に電力を使います。

月に一度は冷蔵庫掃除をする
低温では菌は死滅しませんので、こまめに冷蔵庫掃除をしましょう。
庫内は、お湯1Lに対し重曹大さじ1の割合で溶かした液を使って水ぶきをし、最後にからぶきをして水気を残さないようにします。
そして、消毒用エタノールを、庫内にまんべんなくスプレーします。
すぐに扉を閉めて、20~30分待ち、ペーパータオルでふきとれば、庫内の殺菌は完璧です!
冷蔵庫の外側は、台所用の中性洗剤を使ってふき、水ぶきをします。
冷蔵庫の裏側にある放熱器にほこりがたまると、庫内の冷えが悪くなりますので、割り箸にぬれたペーパータオルを巻きつけて、こまめにほこりをとりましょう。


にほんブログ村 料理ブログへにほんブログ村 グルメブログへ

夏のお弁当での食中毒を防ごう

obenntou2P192.jpg 暑い時期のお弁当は、食中毒が特に気になりますよね((+_+))

細菌はきちんと火を通せば基本的には死滅しますが、家の中は無菌状態ではないので、加熱したものについても注意が必要です。
食中毒を予防するための基本的な注意事項をご紹介します。

まず、前日に作り置きしたり、残った物をお弁当に詰めるときは、必ず鍋や電子レンジで加熱してから詰めましょう。

彩りとして便利なプチトマトは、へたをとってから洗い、水気をよく切って入れてください。
へたの部分は細菌がたまりやすいので、普通のトマトを使うときもとってください。

そして、お弁当箱に温かいものを詰めたら、必ず冷めてから蓋をすることを忘れずに。蒸れるのはいたみやすさの原因になります。

おにぎりで食中毒にならないポイントとしては、おにぎりを握るときには、ラップを使うことです。
特に手指に傷があり、ばんそうこうをはっている人は、雑菌をおにぎりに移さないためにもラップを使って握りましょう。

おにぎりは、できれば通気性のいい容器に入れるのがベストです。
また、お昼に食べ残したおにぎりを帰り道に食べて食中毒を起こすケースが多いといいます。
朝作ったおにぎりは、なるべくお昼までに食べきるようにしましょう。


にほんブログ村 料理ブログへにほんブログ村 グルメブログへ

冷蔵室や冷凍室の使い方は?

7割程度を目安に、食品を入れましょう。

冷蔵庫は、細菌の増殖を抑えるという大きな役割があります。
冷蔵室は10℃以下、冷凍室はマイナス15℃以下に設定しましょう。

また、冷蔵庫に食品をぎっしりと詰め込むと冷気の循環が悪くなります。
あきスペースが3割あるぐらいの余裕をもたせるといいでしょう。

ドアをあけたままにしたり、開け閉めが頻繁だったりするのも庫内の温度を上昇させます。
さらに、冷蔵庫内をこまめに掃除し、清潔に使うことも食中毒予防には重要です。

食品を買いすぎない、冷蔵庫に詰め込みすぎない、庫内をこまめに掃除する、これらがポイントです。


にほんブログ村 料理ブログへにほんブログ村 グルメブログへ

前もって料理を作っておきたいときは?

調理から喫食までの時間は2時間以内に。
それ以上になる場合は冷蔵保存し、24時間以内に食べきるようにしましょう。

料理を長時間放置した、つまり喫食までの時間の経過も食中毒の原因の一つです。
刺身や半加熱の卵料理などは、すぐに食べない場合は冷蔵室に保存し、24時間以内に食べきるようにしましょう。

シチューやカレーなどの料理も、すぐに食べない場合は充分に冷ましてから冷蔵保存をします。
冷ます間に細菌が増殖することもあるので、食べるときは再度充分な加熱をすることが重要です。


にほんブログ村 料理ブログへにほんブログ村 グルメブログへ

冷凍すれば細菌は死ぬの?

冷凍の状態では、細菌は寝ているだけです。

冷凍室の温度では、細菌のほとんどは活動を停止しているだけです。
常温におくと再び活動を始めます。
常温におく時間が長くなると、細菌が増殖して食品を汚染します。

冷凍保存した食品を解凍するときは常温におくのではなく、冷蔵室におくか電子レンジにかけるかして解凍し、解凍後はすぐに加熱調理をしましょう。


にほんブログ村 料理ブログへにほんブログ村 グルメブログへ

加熱調理をすれば細菌は死ぬの?

加熱調理は、食品に付着した細菌などを死滅させます。
しかし耐熱性の細菌もいます。


全食中毒事件の0.6~20%は加熱不足が原因で起こっていることから、加熱は食中毒予防に重要であることが分かります。

一方、食中毒を起こす細菌の中には加熱しても死滅しないものもあります。
鮮度のいい素材を購入し、低温で保存して細菌の増殖を抑えるとともに、すぐに食べることも肝要です。

特に、食中毒が多発する時季(梅雨時から初秋)は生の状態で食べることは避け、加熱調理をすることをおすすめします。
肉とその加工品、魚介類とその加工品、卵などは加熱が重要です。

nikukanetuP.jpg `*:;,.★肉とその加工品の加熱ポイント☆・:.,;*
肉の色が変わるまで充分に火を通します。
かたまり肉など中心まで火が通りにくい場合は、火を通す前に電子レンジで予備加熱をするといいでしょう。
ローストビーフやステーキを作るときは生食用を選びましょう。
ひき肉は細菌汚染度が最も高いので、ハンバーグのようにかたまりの状態で調理する場合は中心まで充分に熱を通すことがたいせつです。

`*:;,.★魚介類とその加工品の加熱ポイント☆・:.,;*
大ぶりの魚はかたまり肉と同様に、電子レンジで予備加熱をするといいでしょう。
グリルで焼いたときなど、中まで火が通らずに表面だけが焦げてしまう場合は、アルミ箔などをかぶせて焼くといいでしょう。

`*:;,.★卵の加熱ポイント☆・:.,;*
黄身も白身もかたまるまで充分に加熱します。
温泉卵や半熟卵は生食のものを使うといいでしょう。
ゆで卵にする場合は、沸騰湯で5分以上加熱することが必要です。
ババロワやレアチーズケーキのように卵を充分に加熱しない料理の場合は、生食用の卵で作り、作ったらすぐに食べきることです。
調理後すぐに食べない場合は冷蔵室に保存し、24~48時間以内に食べきるようにしましょう。


にほんブログ村 料理ブログへ にほんブログ村 グルメブログへ

肉や魚介類は水洗いするの?

洗ったほうがいいものと洗う必要がないものとがあります。
野菜や豆腐なども洗ったほうがいい場合があります。

肉は加熱調理するものなので水洗いの必要はありません。
生食用の肉も、洗浄の必要はありません。

魚介類は、刺身など新鮮なものは洗う必要がありませんが、加熱調理するものは流水で洗って腸炎ビブリオ(魚介類の食中毒のおもな原因菌)を洗い流すといいでしょう。
加熱調理をすれば、魚介類に付着した細菌のほとんどは死滅します。

野菜や果物は、細菌などのほかに農薬やほこりなどの付着も考えられます。
これらを除去するためにも、洗浄は重要です。
ちなみに、キャベツなど結球した葉野菜類の中心部には細菌はほとんど存在せず、玉ねぎなどは外側の皮を除けば無菌になります。

土つきの野菜は、土を充分に洗い流すとともに、まな板や調理台を土で汚すことがないようにしましょう。
きのこ類はよごれをふきとる程度にして充分に加熱調理をすれば問題はなく、風味を損ねることはないでしょう。

豆腐は、パック売りのものはさっと水洗いしましょう。
また、水に浸した状態で売っているものを冷ややっこで食べる場合は、熱湯で湯通ししましょう。


にほんブログ村 料理ブログへにほんブログ村 グルメブログへ

肉や魚、野菜の保存法は?

sakanareizouP.jpg新鮮なものを購入し、早めに食べきることです。
食品汚染が起こったとしても、汚染が広がらないようにしましょう。

肉や切り身魚は、パックした状態のままそれぞれポリ袋に入れて冷蔵保存します。
冷凍保存する場合は、汁気をペーパータオルなどでふきとってからラップに包むと保存性が高まります。

一尾魚はすぐに内臓を除きましょう。
その日のうちに食べない場合は、洗って水気をペーパータオルなどでふきとり、一尾ずつラップに包んで冷蔵や冷凍で保存します。

キャベツや小松菜などの葉野菜類は、湿らせたペーパータオルに包んでポリ袋や野菜用の保存袋に入れて保存します。

根菜類は新聞紙に包んで風通しのいい冷暗所か冷蔵室に保存します。
土がついているときはよく洗い流し、乾かしてから保存しましょう。
土の中にも食中毒を起こす細菌が存在します。


にほんブログ村 料理ブログへにほんブログ村 グルメブログへ

卵は生で食べないほうがいいの?

tamagoP.jpg卵はサルモネラに汚染されている可能性が高いと考えたほうがいいでしょう。

卵は、中身にも殻にもサルモネラが存在すると考えて、冷蔵保存の方法や取り扱い方、調理方法を考慮しましょう。
冷蔵保存をするときはほかの食品への汚染を防ぐために、ふたつきの卵ケースに入れるか、ポリ袋に入れて袋の口を結ぶかして保存します。

また、サルモネラは熱に弱いので、加熱処理をおすすめします。
調理した卵は2時間以上室温に放置しないようにしましょう。

すき焼きや納豆、手作りのマヨネーズ、ババロワやムースなど卵を生に近い状態で食べる場合は、新鮮であること、殻にひび割れなどがないことを確認しましょう。

殻を割ったらすぐに食べたり調理したりすることです。
マヨネーズは作り置きせず、1回で食べきるようにしましょう。


にほんブログ村 料理ブログへにほんブログ村 グルメブログへ

ふきんがにおうのはなぜ?

細菌が発生したためです。こまめに洗濯しましょう。

おそらく、ふきんをぬれた状態で放置したためです。
洗って殺菌した調理器具や食器を、よごれたふきんで汚染することがないようにしましょう。
ふきんは枚数を多く用意しましょう。

使用後は洗剤で洗い、煮沸を10~15分間行うと殺菌の効果があります。
天日に干して充分にかわかすことも重要です。

においがついてしまったふきんは洗剤を入れた湯で10~15分間煮沸すると、においとともによごれも落ちます。


にほんブログ村 料理ブログへにほんブログ村 グルメブログへ

調理器具を衛生的に扱うには?

syokkisennjou2P.jpg使ったあとは洗浄し、熱湯消毒をしましょう。

魚をさばいたあとの調理器具の洗浄が不充分であったために食中毒が起こった、という事例が報告されています。

細菌が調理器具に付着し、それが食品を汚染することはしばしば起こることです。
包丁は、柄の部分が木製である場合はそこが細菌の温床になります。
まな板と同様に使用後はよく洗って熱湯をかけ、乾燥させます。
ほかの調理器具も同様にしましょう。

食器類の場合、熱湯消毒は1日1回でOK。
洗いおけに洗浄した食器を入れて熱湯をかけ、すぐに取り出して乾燥させます。

食器や調理用具を洗うスポンジやたわしもぬれた状態で放置されやすいので、使用後は洗剤でよく洗って風通しのいい所で充分に乾かしましょう。


にほんブログ村 料理ブログへにほんブログ村 グルメブログへ

まな板に黒いぶつぶつが・・・

manaitaP.jpgかびが発生したのでしょう。
かびが発生した所には細菌やウィルスがいる可能性があります。

木製のまな板はかびが発生した部分をカンナで削り取るようにします。
プラスチック製のまな板は洗剤でよごれを充分に落とし、漂白剤に浸して殺菌を行いましょう。
まな板にティッシュペーパーを敷き、漂白剤をしみ込ませてしばらくおくと効果的です。
よく水洗いし、仕上げに熱湯をかけるとさらに殺菌の効果が高まります。

木製のまな板もプラスチック製のものも、使ったあとはいつも洗って熱湯をかけ、風通しのいい所に置きましょう。
さらに漂白剤による殺菌を週に1回は行いましょう。
天日に干すことも殺菌効果があります。


にほんブログ村 料理ブログへにほんブログ村 グルメブログへ

手の荒れが食中毒を起こすのは本当?

手の荒れや傷のある部分には黄色ブドウ球菌が多いといわれます。

黄色ブドウ球菌は皮膚や鼻腔粘膜につねに存在しますが、手の荒れや傷のある部分には特にこの菌が増殖しています。
その手で食品に触れ、黄色ブドウ球菌にとって適度な環境に置くと増殖し、食中毒が起こります。

手の荒れや傷がある場合は、ポリ手袋を使いましょう。


にほんブログ村 料理ブログへにほんブログ村 グルメブログへ

手や指にはどのくらいの細菌がいるの?

手指にはさまざまな細菌が付着していますが、多くは手洗いによって洗い落とすことができます。

調理のときに手指を洗うことは食中毒予防の第一歩です。
せっけんを充分に泡立て、手指の間や手首をしっかり洗いましょう。
つめの間は専用のブラシを使うといいでしょう。流水下で充分に洗い流し、よく乾燥した清潔なタオルで水気をふき取ります。

そのほか、つめが長いほど細菌は多いので、つめは短く切りましょう。
指輪やブレスレット、時計も、皮膚と接する部分が細菌の住み家になるのではずします。
指輪が原因で食中毒が起こったという事例もあるので注意しましょう。


にほんブログ村 料理ブログへにほんブログ村 グルメブログへ

食中毒を防ごう

syokkisennjou1P.jpg家庭での食中毒は、集団食中毒に比べて規模が小さく、ニュースになることはまれです。
そのため認識も甘くなりがちですが、食中毒を見過ごしていたために重症になるケースもあります。

家庭での食中毒は、調理担当者や食べる人の認識で防ぐことができます。
食中毒が多発するこの時季に、家庭での食中毒予防について、節子と一緒に考えてみませんか?


にほんブログ村 料理ブログへにほんブログ村 グルメブログへ

カレンダー

2012年10月
S M T W T F S
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

更新カンタンチェック!

RSSリーダーに登録してご利用ください。