Kanehatsu Web Blog

最新のエントリー

みりんを煮切る理由

nikirimirinP.jpg みりんはこうじと蒸したもち米を焼酎のなかにつけて、ゆっくりと熟成させたものです。

日本料理の煮物には、甘味料でもあり、うまみ料でもあるみりんは欠かせませんね。
また、みりんを使うと、みりんの糖分が料理の表面に皮膜を作るため、料理においしそうな照りもつきます。

しかし、みりんはアルコールを含むので、そのまま料理に使うとアルコール臭がたってしまいます。
そこでみりんは、火にかけて煮立て、不要なアルコールを飛ばしたほうがいいのです。

これをみりんの煮切りといい、鍋にみりんだけを入れ、焦がさないように注意しながら、火にかけて煮立てることで、みりんに含まれる大部分のアルコールを飛ばせます。

急いでアルコールを飛ばしたいときは、鍋を傾けて火をつけてもよく、みりんが軽く焦げていい香りづけになります。

ただし、魚の生臭みをとりたいときにはアルコールが役に立つので、みりんを煮切る必要はありません。
魚のあら煮を作るときは、みりんをそのまま加えて中火で煮付けましょう<・)))><<

ちなみに煮切る必要があるのは本みりんの場合のみで、みりん風調味料の場合はアルコール分が1%以下なので煮切る必要はありません。


にほんブログ村 料理ブログへにほんブログ村 グルメブログへ

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.kanehatsu.co.jp/cgi-bin/cmsbb/mt-tb.cgi/441

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

カレンダー

2012年10月
S M T W T F S
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

更新カンタンチェック!

RSSリーダーに登録してご利用ください。