Kanehatsu Web Blog

最新のエントリー

一年に一度の七夕茶会

tanabataP.jpg 今日、7月7日は七夕ですね。
七夕といえば、そう・・・天の川の両側にある牽牛(けんぎゅう)星・織女(しょくじょ)星が、年に一度だけ会えるという、とてもロマンチックな日ですね。
この日だけは、夜空を眺めて願い事をするという、一年に一度の記念日です。

カネハツでは、昨日ひとあし早く、七夕茶会を行いました。
このお茶会は、カネハツ茶華道部の女性社員のみなさん(写真)が、一年に一度開いてくださる催しです。
ゆかた姿が一段と美しいですね(*^o^*)♪
男性社員は特にこの行事をとっても楽しみにしているようですよ。

私もお抹茶と和菓子を頂きながら、短冊に願い事を書き、笹に結びました。
みんな色々な願い事を書いているので、他の人の短冊を見るのも面白いですよね。
もちろん私は、いたって真剣にロマンチックなお願いをしました(まさに神頼み状態です)。

あなたも今日、夜空に願いを込めてくださいね。

`*:;,.★七夕の云われ☆・:.,;*
さて、この七夕ですが、「たな」は棚、「はた」は機織りを意味します。
奈良時代に始まった、日本と中国の文化が合体した行事のようです。
もともと日本では、棚機つ女(たなばたつめ:機織り女)は神にけがれを託す巫女であると信じられていました。

そこへ中国から、一年に一度、天の川でデートする牽牛・織女星伝説と、織女星へ裁縫上手を祈る乞巧奠(きっこうでん)の行事が伝来し、七日盆という盆迎えの風習まで加わったすえに日本に定着した行事です。

さらにまた、字の上達や病気退散などの祈願が加わり、江戸時代になると、願い事を書いた短冊はもちろん、くす玉、吹流しなどを笹竹に派手につるすようになりました。
現代の仙台や平塚の七夕が観光客を引き寄せるのはその名残のようです。


にほんブログ村 料理ブログへにほんブログ村 グルメブログへ

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.kanehatsu.co.jp/cgi-bin/cmsbb/mt-tb.cgi/422

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

カレンダー

2012年10月
S M T W T F S
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

更新カンタンチェック!

RSSリーダーに登録してご利用ください。