Kanehatsu Web Blog

最新のエントリー

秋彼岸のいわれ

azukimizunir4LP192.jpg もうすぐ秋分の日ですね。
秋分の日を中日として前後7日間が秋の彼岸です。
初日を彼岸の入り、終日を彼岸の明けといいます。

彼岸とは、生死の苦しみから解放された仏の世界をさします。
現世(此岸)にある私達は、仏となって彼岸にある先祖の霊を供養することで、少しでも彼岸に近づくことができるといわれます。
花や線香を持って墓参りをして、亡き人をしのびましょう。

秋彼岸にはおはぎをいただきます。
おはぎは、秋の七草のひとつである萩の花にちなんで名づけられたとされ、萩の花のように小ぶりに作ります。

小豆あんのほか、すったごまやきな粉などもまぶした三種類を作るのが一般的で、昔はたくさん作ってご近所や親類で配りあったようです。

→おはぎレシピへ



にほんブログ村 料理ブログへにほんブログ村 グルメブログへ

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.kanehatsu.co.jp/cgi-bin/cmsbb/mt-tb.cgi/568

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

カレンダー

2012年10月
S M T W T F S
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

更新カンタンチェック!

RSSリーダーに登録してご利用ください。