Kanehatsu Web Blog

最新のエントリー

豆腐の調理のポイント

misosiruP192.jpg 夏は冷奴、冬は湯豆腐と、季節にあわせて楽しめる豆腐。
これからは湯豆腐がおいしい季節ですね(^O^)
そこで今回は、豆腐の調理のポイントについてお話しします。

まず豆腐には、型崩れしにくい木綿豆腐と、舌ざわりがとてもなめらかな絹ごし豆腐があります。
木綿豆腐は、かたまりかけた豆腐を木綿の布でこし、水分を絞ってから再び固めたもの。
絹ごし豆腐は、豆乳に凝固剤を入れて固めたものです。
(絹の布でこしているわけではありません・・・)

豆腐を買うときは、表面が白くつややかなものを選ぶのがポイントです。
古くなった豆腐は、表面が黄色くなってきます。

豆腐を一度に使いきれなかったときは、たっぷりの水の中に入れて冷蔵庫で保管します。
毎日水を取り替えれば2~3日くらいはもちます。

豆腐の形をくずさないようにきれいに切るコツは、左から右に向かって切ることです。
左手で豆腐を持ち、左端を押さえながら切っていくと、切り離された豆腐が倒れてくるのが防げます。

右利きだと、つい右から切りたくなりますが、豆腐は逆から切ると覚えておくと便利ですよ
(*^^*)
また、かたくてしっかりとした木綿豆腐と違い、やわらかい絹ごし豆腐はさらに形が崩れやすいので、豆腐を水の中で切るようにすると、形を壊さずに切れるし、味も落ちにくくなります。

豆腐は火が通りやすいので、味噌汁の具として入れるときは、味噌を溶いてから入れても、ひと煮立ちしたころには十分火が通っています。
また、先に味噌を溶いておいたほうが、溶かすときに豆腐をつぶしてしまうこともありませんよ。

*:;,.☆木綿豆腐と絹ごし豆腐の栄養価☆・:.,;*
木綿と絹ごしの栄養価には、違いがあります。
木綿豆腐は「ゆ」 と呼ばれる上澄み液が絞りとられてしまうので、豆乳に含まれるビタミンB1やB2が絹ごし豆腐より少なくなりますが、タンパク質や脂質、カルシウム、鉄分が多いのが特徴です。
一方絹ごし豆腐は、豆乳をそのまま凝縮して作るのでビタミンB1やB2が豊富で、カロリーは木綿より3割近く低くなります。


にほんブログ村 料理ブログへにほんブログ村 グルメブログへ

栄養たっぷりクラムチャウダー

写真:クラムチャウダー

今日は、サラダに!まめとあさり水煮缶を使ってクラムチャウダーを作りました。
牛乳のクリーミーな味わいでホッとするおいしさですよ。

あさりは缶詰を使ったので、とっても簡単に作れるし、缶汁も使ったので、あさりのうま味が満点
あさりの身が固くならないように、最後の仕上げにあさりを加えるのがポイントです。

サラダに!まめとにんじん、玉ねぎ、あさり、ベーコン、牛乳をバランス良く配合しているので栄養もバッチリ!
これから寒くなりますが、このクラムチャウダーを食べてココロとカラダを温めましょう(*^^*)

茹でたパスタとクラムチャウダーをからめて、スープパスタにしてもおいしいですよ。
ぜひ試してみてくださいねe(^。^)9


にほんブログ村 料理ブログへにほんブログ村 グルメブログへ

ちょい辛サンドイッチ

Sjagaimor6P320.jpg

「みんなのアイデアメニュー」ですが、今回はサラダがあったら!じゃがいもサラダをアレンジした明太ポテトサンドをご紹介します。

☆彡投稿してくださった方からのコメント☆彡
じゃがいもサラダをはさむだけでもおいしいですが、ピリッと辛い明太子を加えることで、一味違ったおいしさが楽しめますよ。

★彡節子のひとこと★彡
ポテトサラダに明太子を混ぜるとおいしいですよね。私もよく作ります。
私はいつもそのままサラダとして食べてしまうのですが、サンドイッチの具にしてもおいしそうですね~。
明太子のピリッとした辛さがアクセントになって、いつもとは違うサンドイッチで喜ばれそう。
早速試してみます(^▽^)V


にほんブログ村 料理ブログへにほんブログ村 グルメブログへ

食育は生きる力を育てます

写真:キッチン 「イキイキ食育くらぶ」のコーナーです今日は子供たちと一緒に料理を作ることについてお話ししたいと思います。

小さなお子さんをもつお母さんなら実感していると思いますが、子供たちはお料理に興味津々ですよね。
お子さんに「一緒に料理してみる?」と声をかけてあげてみてください。
きっと目を輝かせてキッチンにやってきますo(^∇^)o

忙しい夕食時、子どもと一緒に料理をするのは大変なことです。
子どもがひとつの作業をこなすのには、大人の何倍も時間がかかります。
でも、少しだけ待ってあげませんか?

子どもが野菜の皮をむいたり、お米を研いだり、大根をおろしたりする姿を見守って応援してあげることで、子どものチャレンジ精神は確実に育ちます。
多少時間がかかっても、成し遂げた達成感が小さな自信を生み、簡単に投げ出さない力が自然と身についていきます。
日常の生活のなかに、子どもに自信をつけさせる食育があります。

子どもの作った料理が、たとえ形が崩れていても、少し焦げていても、子どもの顔は誇らしく輝いています。
そして、どのように作ったのか、どのように工夫したのか、どこが大変だったのかなど、子どもは自分から話すようになります。
その話題を盛り上げ、「上手だね。おいしいね」とたくさんほめてあげましょう。
すると大きな自信が生まれ、食への興味は次へとつながっていきます。

ふだんは苦手な食べ物も、自分で洗って、切って、頑張って作ると愛着がわいて、「おいしい!残すなんてもったいない」と考えるようになります。
材料をうまく切れなくても、とにかく自分で作ったことが嬉しくて、子供たちはどんな料理でも食べてしまいます。
好き嫌いを直すきっかけにもなりますよp(*^-^*)q


にほんブログ村 料理ブログへにほんブログ村 グルメブログへ

おいしい肉じゃがのこつ

nikujagaP192.jpg 秋は新じゃがのおいしい季節
このじゃがいもで作る肉じゃがといえば、おふくろの味の定番ですね。
そこで今回は、おいしい肉じゃがをつくるコツについてお話ししたいと思います。

まず、じゃがいもの皮をむき、均等な大きさに切りますが、このときサイズをそろえておかないと、熱の通り方がバラバラになって、煮崩れの原因になります。
そしてカットしたあとは水にさらしますが、これには、表面のでんぷん質を落とす目的と、空気を遮断して酸化を防ぐ目的があります。
ただし、水に長くさらしすぎると、中まで煮えにくくなりますので、30分以上は水につけないようにしてください。

次に、肉じゃがに入れる玉ねぎについてですが、大きめに切るのがポイントです。
玉ねぎは炒めたり煮たりするとバラバラになりやすいので、ある程度大きいほうがいいのです。
皮をむいて8つ割りにし、くし形に切ると、出来上がったときに丁度良い大きさになりますよ
o(^ー^)o

次は、薄切り肉とともに油で炒めます。
一般的な煮物(筑前煮など)は、肉を先に炒め、そこに野菜を加えてさらに炒めますが、これだと肉じゃがの薄切り肉は細かく崩れてしまいます。
これを防ぐためには、まずじゃがいもと玉ねぎを先に炒め、それを一度取り出してから、再びサラダ油を足し、薄切り肉を炒めるようにし、肉の色が変わったら野菜を鍋に戻しいれます。

その後、煮込みに入りますが、肉じゃがの場合は、肉のうま味がだしの代わりになるので、だし汁ではなくを注ぎます。
このとき、煮汁は材料の表面が1cm出るくらいを目安として入れて、落とし蓋をするようにします。

これよりも煮汁が多すぎると、煮立っているときに、じゃがいもが対流して角が取れて煮崩れが多くなると同時に、煮汁がなくなるのに時間がかかってしまい、肉じゃがの肉がおいしく仕上がりません。
牛切り落とし肉のように、柔らかく薄い肉を煮続けると、野菜が煮上がる頃には、肉のうま味が抜け切ってしまい、「だしがら」のようになってしまいます。

これを防ぐためには、肉を途中で取り出して煮上がるころに鍋に戻しいれるようにし、そのあと煮汁としっかり煮からめれば、肉の味が生きたおいしい肉じゃがになります。

また、じゃがいもの煮崩れを防ぐために、本みりんで味付けすることもポイントです。
じゃがいもが煮崩れるのは、加熱によりじゃがいもの細胞壁をつないでいるペクチンが溶けるためです。
本みりんに含まれるアルコールは、このペクチンを溶けにくくする作用をしてくれるのです
L(・o・)」

*:;,.☆じゃがいもの栄養成分☆・:.,;*
じゃがいもは、ビタミンCの多さからフランス語で「ポム・ド・テール(大地のリンゴ)」と呼ばれます。
じゃがいものビタミンCは、量だけでなく熱に強い特徴があります。
ビタミンCそのものは水に溶け出やすいのですが、じゃがいものでんぷん質が加熱によって溶けてのり状の膜を作り、ビタミンCが溶け出るのを防いでいます。

また、じゃがいもにはビタミンCのほかにも、ビタミンB1やカリウム、亜鉛、銅などのミネラルも豊富です。


にほんブログ村 料理ブログへにほんブログ村 グルメブログへ

ヘルシーおいしーミネストローネ

saradanimamer25P320.jpg

最近は女性を中心に、スープが流行っていますよね。
具だくさんなスープがお店にたくさん並んでいるのをよく見かけます。

そこで今日は、サラダに!まめと野菜をたっぷり使ってミネストローネを作ってみました。
お味のほうは・・・目からウロコが落ちるほどおいしかったですよ("▽"*)

豆と野菜・ベーコンから、うま味エキスがたっぷり出ていて、しかもそれぞれのうま味がうまくまとまって、調味料でほとんど味付けしていないのにとってもリッチなおいしさでした。
野菜やお豆が嫌いなお子様でもおいしく飲んでいただけるんじゃないかしら・・・

野菜やお豆たっぷりで、栄養バランスがバッチリ取れたヘルシースープなので、朝食メニューにもぴったりですよ。

手早く作れて、素材のうま味を存分に味わえるレシピですので、是非作ってみてくださいね(^ー^* )


にほんブログ村 料理ブログへにほんブログ村 グルメブログへ

なぜ食育が大切なの?

写真:食卓 いま、食育が注目されていますね。
人が健康に生きていくための3本柱は、運動、睡眠、食です。
なかでも食は、子供たちの身体や脳を作り、育て、動かす原動力です。
だから今、「食育」が脚光を浴びはじめているのです。

でも、食育の範囲はとても広く、栄養学や調理方法だけでなく、素材の旬、食材の化学変化、味覚について、食べ残しや地球環境についてなど・・・なにをどこまで教えたらいいのか、お母さんたちは戸惑っているのではないでしょうか?

でも、子供たちにまず必要なことは、自分で実際に食事を作ってみることで、食べることの大切さに気づくことではないかと思います。
そう、食育とは、「食」を通して子どもが自ら学ぶこと。

食育には「こうでなければならない」という決まりごとはありません。
まずは子どもに、「食」は「おいしい」「楽しい」「面白い」という実感を与えてあげることが一番大切です。
食育は難しいものではなく、子どもに箸を並べさせる、ご飯をよそわせるなど、普段の生活から学べるものです。

ほんのちょっとしたきっかけを作ってあげれば、子供たちは「食べることも作ることも楽しい!」と思うようになります。
大人が「おいしいね」と喜んでみせると、「また作ってあげたい!」と人のためになにかをする喜びを知り、大きな自信を持ちます。

そして、素材の名前や旬のこと、栄養のバランスのことなどに興味を持ち、「食べることを大切にしたい」、と自然に考えられるようになります。
バランスのとれた食習慣と、人や食物をいとおしむ気持ちを子供のうちに身につけさせてあげたいですね(*^^*)

これから、私も食育について少しずつ学び、このブログで皆さんにお話ししていきたいと思います。
皆さんも一緒に、普段の生活のなかで、気楽に食育を始めてみませんか?


にほんブログ村 料理ブログへにほんブログ村 グルメブログへ

プチリッチ気分のロールサラダ

Sjagaimor5P320.jpg

「みんなのアイデアメニュー」ですが、今回はサラダがあったら!じゃがいもサラダをアレンジしたハムロールポテトサラダをご紹介します。

☆彡投稿してくださった方からのコメント☆彡
なんといっても手軽に作れるのがポイントです。
しかもとっても食べやすいですよ。

★彡節子のひとこと★彡
じゃがいもサラダをハムで巻くだけで、ちょっとリッチなイメージになりますね。
貝割れ菜がピリッときいてアクセントになっておいしそう。
いつものじゃがいもサラダよりも豪華な感じがするので、家族にも喜んでもらえそう((o(^-^)o))
手でつまんで食べられるので、おつまみにもぴったりですね。


にほんブログ村 料理ブログへにほんブログ村 グルメブログへ

おまめホクホク磯辺揚げ

saradanimamer22P320.jpg

サラダに!まめと豚ミンチを混ぜ合わせ、磯辺揚げにしてみました。
海苔としょうがの香りがきいているので、何も調味料をつけなくてもおいしく食べられますよ。

サラダに!まめと豚ミンチを混ぜ合わせるだけで出来上がるので、とっても簡単!(v^-^v)
冷めても柔らかくておいしいので、お弁当のおかずにもぴったりですよ。

豚ミンチとサラダに!まめを2対1の割合で混ぜているので、お豆をたっぷりお召し上がりいただけます。
お豆の食感がホクホクして楽しいし、切り口にカラフルなお豆がのぞいて、とっても可愛らしい一品ですよ。

栄養豊富なお豆ですが、苦手なお子様も多いことと思います。
でもこのメニューなら、お豆が苦手なお子様でも、きっとおいしく食べてくれるハズ
((o(^-^)o))
ぜひ一度作ってみてくださいね。


にほんブログ村 料理ブログへにほんブログ村 グルメブログへ

わかめのさっぱりみぞれ和え

Swakamer11P320.jpg

「みんなのアイデアレシピ」ですが、今回はサラダがあったら!わかめサラダをアレンジしたわかめと大根のみぞれ和えをご紹介します。

☆彡投稿してくださった方からのコメント☆彡
あっさりしていておいしいので、あったかごはんと食べると、おかわりまちがいなしです!

★彡節子のひとこと★彡
マヨネーズ系のサラダと大根おろしって、実は意外と合うんですよね。私も同感です。
マヨネーズの味が大根おろしでさっぱりとして、本当にご飯がすすむおいしさですよ。
なめこを足すことで、食感も楽しめますね。

わかめサラダが和風の和え物に大変身した一品です。
ちょっと醤油を足すと味がよりひきしまるかも・・・みなさんも一度試してみてくださいね
★⌒(@^-゜@)v


にほんブログ村 料理ブログへにほんブログ村 グルメブログへ

秋の味覚たっぷり♪中華おこわ

kurigohannokurir4LP320.jpg

今日は秋の味覚でおなじみの、栗ときのこをふんだんに使った中華風炊き込みおこわを作りました。
栗は栗ごはんのくりを使って、下ごしらえの手間を省きました。
豚肉をたくさん入れているのでボリュームもたっぷり
もち米とうるち米を混ぜているので、もちもち感があっておいしかったですよ。

ラップで三角形ににぎれば、中華のちまきに大変身♪
きっとお子様に大人気の一品になりますよ。

そして副菜には、サラダに!まめを使って、豆とひじきのいろどり煮を作りました(写真右端です)。
ひじきの煮物を作るとき、普段はだいず水煮を使うのですが、今日は彩りよく「サラダに!まめ」を使ってみました。

いつものひじき煮だと色合いが地味なのですが、「サラダに!まめ」だと、4種類の豆がカラフルでキレイだし、食感もそれぞれの豆の個性が楽しめて、いつもとは一味違ったおいしさでした(=^^=)
いろいろな豆が入っているので、いつもより豆の量を多くしても違和感がなくて、お豆が手軽にたくさん食べられるメニューです。

「サラダに!まめ」は洋風のメニューだけでなく、和風メニューにもよく合って、彩りを添えてくれますので、ぜひご利用くださいねo(*^^*)o


にほんブログ村 料理ブログへにほんブログ村 グルメブログへ

子供も喜ぶとっておきのサラダ

Swakamer9P320.jpg

「みんなのアイデアレシピ」ですが、今回はサラダがあったら!わかめサラダをアレンジした わかめとツナのカラフルサラダをご紹介します。

☆彡投稿してくださった方からのコメント☆彡
2才の子供が野菜をあまり食べてくれないのですが、わかめサラダが好きで、野菜を混ぜると全部食べてくれるので、とてもありがたいです。

★彡節子のひとこと★彡
2才の子供でわかめサラダが好きだなんて・・・ツウですね。
わかめサラダはピリッとした辛さがあるので、大人向けだと思っていました。
私は子供のころ、わさびが嫌いで、お寿司はいつもわさび抜きを頼んでいたので、きっとわかめサラダは食べられなかったと思います。

でもいつごろからか、わさびのツーンと鼻に抜ける香りのよさが好きになりました。
私も大人になったんですね~。

でもこのお子さんは2才にして、既に大人の味が分かるなんて、きっと将来大物になりますねo(^∇^)o


にほんブログ村 料理ブログへにほんブログ村 グルメブログへ

おせちブログを再開しました!

もう10月に入り、今年も残りあと3ヶ月になりましたね。
皆さんには、「まだ気が早いよ~!」と言われそうですが、今年も昨年に引き続き、カネハツおせちのヒントブログを開始しました。

おせち料理は、古きよき日本の伝統のひとつですね。
カネハツおせちのヒントでは、2007年の新春の膳を彩る、カネハツおすすめのおせち料理や、おせちにまつわる情報をたくさん紹介しています。

今年は新たに、おせち料理のレシピや、かまぼこの飾り切りの方法など、いろいろと追加しています♪♪♪

TjuudumeP200.jpg kamabokosyuugouP200.jpg

また今後も、皆さんに役立てていただけるような情報を、続々と更新していきますので、ぜひご期待くださいね\(^_^=^_^)/


にほんブログ村 料理ブログへにほんブログ村 グルメブログへ

おむすびのおいしい握り方

onigiriP192.jpg スポーツの秋!行楽の秋!ですね。
手作りのお弁当を持って出かける機会が増える季節です。

そして、お弁当の定番といえば…やっぱりおむすびですね。

おむすびを握るのはシンプルなことですが、だからこそ基本を押さえているかどうかで味は大きく変わってきます。

「持ってしっかり、食べてホロリ」というおむすびができれば完璧!
おいしいおむすびの握り方の基本をしっかりマスターしてくださいねe(^。^)9

まず押さえておきたいPOINTは、手に水をつけて握らないほうが良いこと。
手に水をつけて握ると、ご飯に余分な水分がつき、粘り気がなくなるので、おいしさが半減してしまいます。
手にご飯粒をつけないでおいしく握るには、氷水などで手のひらを冷たくし、余分な水分をふきとってから握るようにしましょう。

そして、ふたつめのPOINTはあつあつのご飯でにぎること。
ご飯は、炊きたての熱いうちににぎると、強く握らなくても、よくまとまります。
それに熱いと、ご飯が内側から蒸されてふくらむため、外側はしっかりまとまって中はふっくらした状態のおむすぎに仕上げることができます。

そして握り方のこつは、力をこめて握らないことです。
力をこめすぎると、ご飯粒がつぶれて味が落ちてしまいます。
同じ理由から、手の中で何度もころがすのもやめましょう。
すばやく軽くを心がけながら、1回あたりににぎる時間を1秒ほど、にぎる回数を5~6回くらいにします。
また、ご飯粒がつぶれないよう、ご飯はやや堅めに炊くのがオススメ

外にお出かけの際は、新米でおいしいおにぎりを作って持っていきましょうo(^∇^)o


にほんブログ村 料理ブログへにほんブログ村 グルメブログへ

ふわっふわ~生どら焼き

azukimizunir5LP320.jpg

どら焼きといえば、粒あんをはさむのが定番ですが、今回は、今人気の小倉ホイップクリームをはさんでみました。
ふんわりした生地にしっとりとした小倉クリーム♥♥♥
口の中でとろけるようなやさしい口当たりで、萌え~な気持ちになります(=´∇`=)

冷蔵庫で冷やして食べると、どら焼きの生地と小倉クリームが一層馴染んで、さらにおいしくなりますよ。

ホットプレートで焼くので、どら焼きの生地(液)さえ作れば、子供達でも簡単に焼けます。
親子でホットプレートを囲んで、ワイワイにぎやかに作るのも楽しいですね。

ただし、どら焼きの生地には砂糖をたくさん使っているため、あっという間に生地がきつね色に焼けるので、焦がさないように注意してくださいね。

3時のおやつにココロ和むひとときをお過ごしくださいませヾ(*'-'*)


にほんブログ村 料理ブログへにほんブログ村 グルメブログへ

カレンダー

2012年10月
S M T W T F S
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

更新カンタンチェック!

RSSリーダーに登録してご利用ください。