Kanehatsu Web Blog

最新のエントリー

食育は集中力を養います

写真:海老フライ 「イキイキ食育くらぶ」のコーナーです
今日は料理作りを通じて育まれる集中力についてお話ししたいと思います。

料理を完成させるためには、食材を包丁で切る、炒める、揚げるなど、子どもにとって危険な作業がいっぱいあります。

包丁を使うと、ケガの心配はありますが、手を切らないようにするために、指先に神経を集中させるため、集中力が高まっていきます。
「うちの子はちょっと集中力が足りないかも…」と思ったら、ぜひ一緒に料理をしてみてください。

また、料理では、泡立てなど、根気よく最後までやらなければならない作業もたくさんあります。
勉強では、途中で投げ出してしまう子でも、料理を通して家族が喜ぶ顔を見ると、最後までやり遂げられるようになります。
子どもに根気をつけさせるためにも食育は効果的ですよ(^-^ゝ

包丁使いの練習で集中力UP
子供に包丁を持たせ、りんごの皮をむかせてあげましょう。
指を切ってしまうこともありますが、手を切らないようにするために神経を集中するようになります。
りんごの皮を薄くむくには、包丁をどう使えばいいかを教え、練習させてください。
皮をむくのに時間がかかり、りんごが変色してしまいますが、優しく見守ってあげましょう。

写真:卵割り 失敗を重ねてだんだん上手になることを教えましょう
子どもにとっては卵を割ることは、難しい作業です。
初めて卵を割ったとき、力の加減がわからず、卵がグチョッとつぶれてしまった経験は誰もがあると思います。
殻が混ざってしまったり、黄身もつぶれてしまったり・・・
でも、子どもたちは卵を上手に割ろうと一生懸命頑張ります。
力の加減を身につけられるまで、子どもを見守ってあげてくださいね( ^-^ )


にほんブログ村 料理ブログへにほんブログ村 グルメブログへ

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.kanehatsu.co.jp/cgi-bin/cmsbb/mt-tb.cgi/709

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

カレンダー

2012年10月
S M T W T F S
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

更新カンタンチェック!

RSSリーダーに登録してご利用ください。