Kanehatsu Web Blog

最新のエントリー

ボーナスのいわれ

そろそろ夏のボーナスの時期ですねo(*^^*)o
もうボーナスの使いみちが決まっている方もみえるかもしれませんね。

このボーナスの語源は、ローマ神話に出てくるボヌス・イヴェントゥス(Bonus Eventus)という成功と収穫を司る神で、それがラテン語の「ボナ」「bona」(「良い」という意味)、そして、英語(bonus)に転じました。

アメリカでは19世紀に、やる気と技術のある労働者への報酬、また生産性を上げることを目的に、賃金への上乗せという形で始まったそうです。

日本では、明治時代になって、取り入れられました。
ただし、江戸時代、盆や暮れに従業員に、ご褒美として品物を配るという風習もあったので、もともと、「標準以上の成果をあげた労働者に対して支払われる割増賃金(能率給)」というより、生活給の意味あいが強いようです。


にほんブログ村 料理ブログへにほんブログ村 グルメブログへ

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.kanehatsu.co.jp/cgi-bin/cmsbb/mt-tb.cgi/1176

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

カレンダー

2012年10月
S M T W T F S
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

更新カンタンチェック!

RSSリーダーに登録してご利用ください。