Kanehatsu Web Blog

最新のエントリー

卵を保存するこつ

今回は、卵を上手に保存するこつをお話しします。

卵の殻には、目に見えませんが、小さな気孔が無数にあいています。
水洗いすると、表面のよごれが殻全体に広まるだけでなく、その気孔から殻の内部に入ってしまうため、卵を洗うときれいになるどころか、かえって早く傷んでしまいます。
買ってきた卵に泥や羽根がついていたら、ペーパータオルなどでふくだけにしましょう。

tamagoP.jpg 卵を冷蔵庫に入れるとき、安定がよいからと、丸いほうを下にしがちですが、卵には丸い側に空気の入った気室があるので、こちらを下にすると空気が入りにくくなって呼吸できなくなります。
不安定にはなりますが、とがったほうを下にするとより長持ちします。

卵は殻の気孔から常に呼吸しているので、においのきついものの近くに置くと、そのにおいを吸い込んでしまいます。
ネギやニラなどのにおいの強い野菜や漬物、生魚などを卵のそばに置かないようにしましょう。

卵の鮮度は、塩水に浮かべるとわかり、古い卵は塩水に入れると浮き上がります。
これは、卵の中の水分が時間がたつと蒸発し、卵がかるくなるためです。

新鮮なときには真水に対して1.08程度の比重がありますが、水分が蒸発すると、1.02以下となり、食塩水に入れると浮かぶようになります。
塩水に浮く卵はかなり古くなっていると考えましょう。


にほんブログ村 料理ブログへにほんブログ村 グルメブログへ

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.kanehatsu.co.jp/cgi-bin/cmsbb/mt-tb.cgi/516

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

カレンダー

2012年10月
S M T W T F S
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

更新カンタンチェック!

RSSリーダーに登録してご利用ください。