Kanehatsu Web Blog

最新のエントリー

魚料理に酢を活用?

写真:南蛮酢 魚料理にといわれても、ピンときませんね【・_・?】
でも実は、酢は魚と相性の良い調味料なのです。
酢を上手に使ってみませんか。

煮魚の臭みがとれる
アジ、サバ、イワシといった青魚は、血液をサラサラにしてくれる効果大。
でも、生臭みが苦手で食べられない人もいます。
魚の臭みの主成分は、トリエチルアミンという物質で、酢や梅干の酸は、これと結びついて臭みを消してくれます。

骨まで柔らか
酢には肉や魚の骨に含まれるカルシウム分を溶かす働きがあり、またカルシウムやマグネシウムの吸収を促進する効果もあります。
小アジなどの小さな魚なら、酢を入れて煮ると、骨ごと食べられるように柔らかく煮ることができます。

焼き魚にも活躍
鯛をきれいな塩焼きに仕上げたい、というようなときにも酢は大活躍。
酢にはタンパク質を固める働きがあるので、魚に酢をふってから焼くと、焼き網に皮がくっつきにくくなります。

日持ちが良くなる
マリネやしめサバは、酢の殺菌効果を利用して生の魚を日持ちよく食べられるように工夫された調理法です。


にほんブログ村 料理ブログへにほんブログ村 グルメブログへ

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.kanehatsu.co.jp/cgi-bin/cmsbb/mt-tb.cgi/1252

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

カレンダー

2012年10月
S M T W T F S
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

更新カンタンチェック!

RSSリーダーに登録してご利用ください。