Kanehatsu Web Blog

最新のエントリー

ニラ料理でスタミナアップ

写真:ニラレバ 今日は、今が旬のニラの栄養価について、お話ししたいと思います。

4~9月が旬のニラは栄養価が非常に高く、β-カロチン、ビタミンB1、B2、C、E、カルシウム、鉄なども豊富に含まれています。

ちなみに、ニラ1束(100g)で、ビタミンAは1日の必要量分が、ビタミンCは1日に必要な量の半分が、ビタミンEは同じく3分の1が摂取できるほどです(*△*)

ニラの見分け方は、葉先がピンとして、葉が肉厚でみずみずしいものが新鮮です。
しなびていたり折れているものは避けたほうが無難です。

保存は、ぬらした新聞紙で包んでからラップで包むかポリ袋に入れて野菜室で保存します。
ニラを扱う時は、葉先が折れないように気をつけ、しなびやすいため、できるだけ早く使いきるようにしましょう。

ニラと豚肉でスタミナ補給
ニラ特有のにおいはアリシンという成分によるもので、ビタミンB1の吸収率を高める作用があります。
ビタミンB1は疲労回復やスタミナ増強に効果がありますが、汗をかくと塩分とともに排出されてしまいます。
ビタミンB1たっぷりの豚肉と組み合わせて食べると夏バテ解消に役立ちます。

ニラレバはカゼ予防に効果的
ニラの代表的なメニューといえばニラレバですね(o^-^o)
レバーはニラに負けず劣らずビタミンAが豊富です。
しかも、野菜のカロチンより吸収されやすい形のビタミンA(レチノール)が含まれているので、目が疲れやすい人やカゼを引きやすい人には、おすすめの一品です。
カゼ予防には、ビタミンAと油脂とタンパク質の組み合わせも効果的。肉類をはじめタンパク質を含んだ食材とともに炒めましょう。


にほんブログ村 料理ブログへにほんブログ村 グルメブログへ

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.kanehatsu.co.jp/cgi-bin/cmsbb/mt-tb.cgi/1121

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

カレンダー

2012年10月
S M T W T F S
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

更新カンタンチェック!

RSSリーダーに登録してご利用ください。