Kanehatsu Web Blog

最新のエントリー

端午の節句のいわれ

写真:柏餅5月5日は端午の節句(こどもの日)ですね。
先日、食料品売場で可愛らしいこいのぼり(お菓子つき)をたくさん見つけました。
キティーちゃんが描かれたピンク色のこいのぼりもあって、思わず手にとりました。

端午の節句というと、男の子だけの節句のイメージがあったのですが、女の子用のこいのぼりを見つけて、なんだか嬉しくなりました。

端午の節句といえば、「柱のき~ずはおとと~しの~♪」がすぐに思い浮かびます。
私も小さい頃はこの歌のように、柱に背の高さを刻んでもらっていました。

端午の節句にはやっぱり、ケーキよりちまきや柏餅が食べたくなりますね。
ちまきを食べる慣習は、中国の故事から邪鬼を祓うものとして伝来していますが、柏餅は日本の独特なものだそうです。

柏餅に使われている柏の葉は、新芽が出ないと古い葉が落ちないという特徴があるので、 「子供が産まれるまで親は死なない」即ち「家系が途絶えない」という縁起に結びつけ、「子孫繁栄」への願いがこめられているようです。
柏の葉独特の香りが食欲を誘いますよね~。

今年は菖蒲湯に入って、柏餅を食べて子孫繁栄(未婚ですが・・・)を願いたいと思います(@^_^@)


節子のまめ知識
端午の節句は、中国から渡ってきた行事です。
端は「初」の意味で、古代中国では月の最初の午(うま)の日を指し、5月に限ったものではありませんでした。
しかし、十二支を十二ヶ月にたとえると5月は午の月にあたり、午(ご)は五と同音であるから5月5日をさすようになったようです。

また、中国のこの季節は、大昔は高温多湿で、伝染病や害虫が蔓延する不吉な月でした。
そこで、この日によもぎや菖蒲など香りの強い草を吊るしたり鐘馗(しょうき)や虎の絵を飾って、邪気退散を祈願するようになったのです。

一方、日本の5月は田植えどきで、田の神を迎える支度を始めるのがきまりで、これに端午の節句が合体したようです。

菖蒲が尚武(武を尊ぶ)に通じる語呂合わせが、たくましい男子を願う武家にぴったりでもあったので、3月3日の雛祭りに対応する男の子の節句として定着したのです。

また、端午の節句には鯉のぼりを飾りますが、鯉は清流だけでなく、池でも沼でも生きられる生命力の強い魚であることから、環境の良し悪しにかかわらず、子供が立派に成長し、立身出世するように願って飾られるようになったと言われています >°))))彡

ちなみに、同じく端午の節句に飾る鎧や兜は、昔の武家の男子にとって、戦場で身を守るとても大事なものであり、子どもに災いがふりかからず、無事に逞しく成長するようにとの願いを込めて飾られているそうです。


にほんブログ村 料理ブログへにほんブログ村 グルメブログへ

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.kanehatsu.co.jp/cgi-bin/cmsbb/mt-tb.cgi/267

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

カレンダー

2012年10月
S M T W T F S
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

更新カンタンチェック!

RSSリーダーに登録してご利用ください。