Kanehatsu Web Blog

最新のエントリー

夏にピッタリ!青ジソの効果

写真:青ジソ 青ジソは、冷奴やそうめんの薬味に欠かせない夏の食材ですね。
別名大葉とも呼ばれています。

旬は6~8月で、今が旬の真っ盛りです。
我が家では、青ジソを育てて、薬味として頻繁に使っています(*'‐'*)

青ジソには、葉以外にも、刺身のつまなどに使われる花穂ジソや、実のついた穂ジソなどもあります。

シソの爽やかな香りは、ペリルアルデヒドという成分によるもの。
ペリルアルデヒドには強い防腐作用があるので、食中毒の予防にも効果があります。
食欲増進作用もあるので、食欲が減退する夏にはぴったりの食材なのです。

栄養的には、シソに含まれるカロチンの量は、野菜の中でもトップクラス(v^-^v)
ビタミンCや鉄分、カルシウムもたくさん含まれています。

買うときは、葉先までピンとしており、葉が鮮やかな色をしているものを選びましょう。
保存するときは、ぬらしたキッチンペーパーなどに包み、密閉容器に入れて冷蔵室に入れます。
それでも1週間が限度なので、早めに使いましょう。

シソは、加熱すると香りが飛びやすいのですが、肉と巻いてソテーしたり、裏面に衣をつけててんぷらにしてもおいしいですね(^∇、^ )


にほんブログ村 料理ブログへにほんブログ村 グルメブログへ

にんにくパワーで夏バテ解消

写真:にんにく 特有の刺激臭とうまみをあわせ持つにんにくは、様々な料理に香りとうまみをプラスしてくれますね。

でも、にんにくは生で食べると胃に負担をかけるので加熱するようにしましょう。

みじん切りや生のままつぶしたにんにくを最初に炒めて香りを出す時、こがさないようにするには、弱火でじっくり炒めるのがポイントです( ^ー゜)σ

また、にんにくのにおいが手に残ったときは、ボールに作った酢水の中に手を入れてもみ洗いするか、レモンの輪切りを指先にもみこむようにしてから流水で洗うと、においが消えますよ。

にんにくは乾燥のものが一年中売られていますが、初夏には新にんにく(生)が出回り、香りがよく、実も柔らかです。
にんにくは粒が大きく、皮につやがあり、白くて重いものを選びましょう。
保存するときは、ネットやストッキングなどに入れ、風通しのよい日陰につるしておくと、2ヶ月程度はもちます。


昔から、ニンニクには強壮、殺菌、カゼ予防などの効用があるといわれていますね。
にんにくのにおいはアリシンという成分によるもので、ビタミンB1の吸収を促進する働きがあります。
B1には疲労回復やスタミナを増強する効果があるので、豚肉などB1が含まれる食品と一緒ににんにくを食べると、疲労や夏バテを解消できますよ。
夏バテにはにんにくが一番ですねo(^^o)(o^^)o

にんにくに含まれるにおい成分のアリシンが変化してできるジアリルスルフィドには、活性酸素の害を予防する抗酸化作用があります。
また、アリシンからできる物質のひとつ、アリキシンは神経細胞を活性化させる作用があるとして最近注目を浴びています。

にんにくを食べたあとの口臭は気になりますが(乙女心です…)、夏バテ防止のためにたっぷり使いましょう(^O^)


にほんブログ村 料理ブログへにほんブログ村 グルメブログへ

夏バテ予防レシピ

写真:豚キムチ ついに、夏本番!本格的な暑さになりましたが、夏バテは大丈夫ですか?

汗をたくさんかくと、塩分とともにビタミンB1も大量に体内から失われてしまいます。

B1は、体内で糖質がエネルギーに変わるときに必要なので、不足するとパワーが出ません。
疲れやすくなり、食欲もなくなってしまいますね((´д`))

B1を摂取するときには、B1の吸収を高める作用のあるアリシンを含む食品を組み合わせるとさらに効果的。
ビタミンB1は、豚肉やウナギ、サケ、ソラマメなどに、アリシンはニンニクやニラ、長ネギ、玉ねぎに含まれています。
豚肉とキムチを炒めた豚キムチは、まさに夏バテ解消に最適なメニューなのですね。

また、夏バテに負けず、スタミナをアップさせたい時には、鉄とタンパク質の組み合わせが効果的。
鉄は、酸素を筋肉に送り込み、エネルギーを生み出すときに重要な役割を果たします。

鉄が豊富に含まれる食材は、レバー、カキ、牛肉、ヒジキ、ほうれん草など。
タンパク質は、卵、魚介類、肉類に豊富に含まれています。

暑い日が続きますが、スタミナ食で夏バテを予防しましょうe(^。^)9


にほんブログ村 料理ブログへにほんブログ村 グルメブログへ

なぜ土用の丑にウナギ?

写真:ウナギ蒲焼 土用の丑の日といえばウナギですね>゜)))><

天然ウナギは、秋から冬にかけてが脂がのっておいしいといわれますが、いまや夏のスタミナ料理を代表する一品になりました。

そもそも、土用の丑の日にウナギを食べるようになったのは、江戸時代から。

いわれについては、平賀源内がウナギ屋に頼まれて「今日は土用丑の日」と看板を書いてからだとか、神田のウナギ屋が子、丑、寅の日にそれぞれ蒲焼を作っておいたところ、丑の日に作ったものが痛まなかったなど、諸説あります。

このウナギの蒲焼は、関東と関西では料理法が異なります。
関東の蒲焼は、背開きで、蒸してから、たれをつけながら焼き上げます。
関西では、頭をつけたまま腹から開き、蒸さずに焼いてたれをつけます。

でも、脂質たっぷりのウナギは、どうしてもカロリーが高くなりがち。
気になる人は、蒲焼よりも、蒸して脂分を落とした白焼きにしましょう。

ウナギは疲労回復に効果のあるビタミンB1をはじめ、B2、E、カルシウム、EPA、DHAは、いずれも食品の中でトップクラスに入るほど。
ビタミンAや良質のタンパク質も豊富なスタミナ食です。

卵でとじたウナ玉や玉子焼きで巻いたう巻き、キュウリとの酢の物ウナキュウなど、どれも夏バテ予防にピッタリです(^∇、^ )


にほんブログ村 料理ブログへにほんブログ村 グルメブログへ

ギョウザをおいしく作るこつ

写真:ギョウザ 暑い夏は、ニラやにんにくがたっぷり入ったギョウザが恋しくなりますね(((((*^o^*)♪
そこで今回は、おいしくギョウザを作るこつについてお話します。

おいしいギョウザをつくるには、まず皮から手作りしてみませんか?
作り方は、強力粉と薄力粉を3対1の割合で混ぜて、ぬるま湯を加えてこねるだけです。

お湯でこねるのは、お湯の熱で小麦粉のデンプンがのり状になり、焼いたときにもちっとした食感に仕上がるからです。
水でこねてしまうと、皮のかたいギョウザになってしまうので注意してくださいね。

そして皮の生地をこねたら、30分ほどねかせます。
こうすると、小麦粉のデンプンとたんぱく質が、小麦粉中の酵素によって分解され、分子が互いに絡み合いやすくなるためです。
なお、このとき冷蔵庫には入れないようにしてください。
これは、デンプンやたんぱく質を分解する酵素は、ある程度高い温度でないとよく働かないからで、30℃位でねかせるのがベストです。

次にギョウザの具についてですが、具には豚肉だけでなく、白菜、ニラ、ネギ、ニンニクといった野菜を混ぜると、おいしさが倍増します。
これは、野菜にはうま味成分であるグルタミン酸が多く含まれており、このグルタミン酸と、豚肉のうま味の素であるイノシン酸との相乗効果で、うまさがグンと増すためです。


gyouza2P150.jpg ギョウザの具を皮で包むとき、何重ものひだを作りますが、これにはちゃんと理由があります。
ギョウザに火を通すと、中の具は熱で膨らみますが、皮はわずかしか膨張しません。
そのため皮にひだをよせないと、あんの膨らみをカバーできずに、皮がパンクして、中から具がこぼれてしまうからです。

そして、ギョウザをおいしく焼くには、ギョウザが半分つかるくらい、お湯をたっぷり入れましょう。
ギョウザをパリッと仕上げるには、蒸し焼きにして、水蒸気の力で皮全体に熱を加える必要があります。

手順は、まず加熱し、薄く油をひいたフライパンにギョウザを並べ、ギョウザの高さの半分までお湯をさします。
そしてフタをし、強火で3分ほどゆで、蒸し焼きにします。
gyouza3P150.jpg このとき、必ずフライパンには水ではなく、お湯を注ぐようにしてください(゜-^*)σ
水を入れてしまうと、フライパンの温度が下がり、皮がぐったりしてしまいます。

そしてその後、フタでおさえながら湯を切り、油をギョウザに回しかけ、再度フタをして弱火でこんがりと焼きます。

焼きあがったら、フライパンを、すぐにぬれブキンにのせると、皮がフライパンにこびりつかずにきれいに取り出せます。
火にかけていたフライパンは、熱せられて多少膨張しており、それを冷たいフキンで冷ますと、この膨張がすみやかに収まり、ギョウザの皮とフライパンの間にすき間ができるためです。

おいしいギョウザをたくさん食べて、スタミナをモリモリつけてくださいねヾ(*'-'*)


にほんブログ村 料理ブログへにほんブログ村 グルメブログへ

カボチャの上手な使いわけ

写真:カボチャ カボチャは6~9月に旬を迎える夏の野菜です。
特に女性は大好きな野菜ですよね(*^^*)

カボチャは栄養価が非常に高く、カロチン、ビタミンB1、B2、C、Eが豊富。
特に、心筋梗塞やガンの予防に効果のあるビタミンEの含有量は、野菜の中ではナンバー1♪ヽ(´▽`)/
毛細血管の血行をよくしたり、老化の進行を遅らせる働きもあります。

カボチャには日本カボチャと西洋カボチャがあります。
西洋カボチャのビタミンCは、トマトやグレープフルーツに匹敵するほどたっぷり。
それにビタミンEも、西洋カボチャは日本カボチャの約3倍。

一方の日本カボチャはカロリーが低く、西洋カボチャの約半分なので、ダイエット中の人におすすめですo(*^^*)o
日本カボチャは水分を多く含むので、煮物を作る時は水を少なめにして煮るとちょうどよい仕上がりに。

西洋カボチャは日本カボチャより甘味があるので、砂糖やみりんなどの甘味のある調味料は少なめにして、素材の甘さをいかしましょう。

カボチャを選ぶポイントは、形が整っており、重みのあるものを選ぶこと。
カットしてあるものは、わたが湿っており、切り口の色が鮮やかなものを選びましょう。
カボチャを丸ごと保存するなら、冷暗所へ。
切ると種やわたの部分からいたむので、保存する時は必ず取り除き、ラップで包んで野菜室に入れましょう。


にほんブログ村 料理ブログへにほんブログ村 グルメブログへ

夏にぴったりの健康野菜

写真:ニガウリ ニガウリは、6~8月の暑い盛りに旬を迎え、沖縄では「ゴーヤー」と呼ばれて日常的に食べられています。
最近はスーパーでよく見かけますね。
今回は、このニガウリについてお話しします。

ニガウリのビタミンCはレモン以上にあり、100gで比較した時、トマトの6倍、同じウリ仲間であるキュウリの10倍もの量を含んでいます。

ビタミンCは、じょうぶな血管や各種器官、筋肉や骨を作るコラーゲンの生成に必要な栄養素。
免疫力を高め、ストレスに強くなり、ガンの予防にも効果があります。
ビタミンCのほかには、カロチン、ビタミンB、カリウムなども含まれます。

ニガウリは名前のとおり、強い苦味が特徴で、暑い季節に食欲を刺激してくれます( ^0^)
でも、ニガウリの苦味を少しでも消したい時は、たっぷりの塩でイボをもむようにしてよくしごきます。
そのまま少しおいたら水洗いして、調理しましょう。
冷凍してすりおろして、大根おろしのように食べても苦味がやわらぎます。

ニガウリは太くて濃い緑色をしているもの、表面のイボにはりがあるものを選びましょう。
よく水気をふき、キッチンペーパーなどに包んでからポリ袋に入れ、野菜室に立てて保存します。


にほんブログ村 料理ブログへにほんブログ村 グルメブログへ

トマトは栄養満点ヘルシー野菜

tomato1P150.jpg ヨーロッパに「トマトが赤くなると医者が青くなる」ということわざがあるように、この時期に旬を迎えるトマトは栄養たっぷりの健康野菜です。

トマトの鮮やかな赤い色は、リコピンという色素。
リコピンはカロチンの一種で、体内に入ってからビタミンAに転換する率はβ-カロチンよりはるかに低いのですが、リコピンそのものに活性酸素を除去する作用があり、がんや老化、アレルギーの予防に効果があります。

このほか、ビタミンC、B6、E、カロチン、ペクチンなども豊富で、おなかの調子を整えたり免疫力を高める働きもあります。
二日酔いに効果のあるクエン酸やリンゴ酸も含まれているヘルシーな野菜です。

生のもののほうが缶詰より栄養価は高いと思われがちですが、トマトの場合は、生も水煮缶詰もトマトジュースもそれほど栄養価に違いはなく、生のほうが劣る場合もあります。

この秘密は、完熟トマトと青いトマトに含まれるビタミンCの差にあります。
生のトマトは、普通、実が青いうちに摘み取ったものを熟させてから売りに出されます。
一方、缶詰には完熟したビタミンたっぷりのトマトが使われており、加熱によるビタミンの損失分を引いても、生とそれほど変わらないのです。

でも栄養的に生と缶詰に差がないからといって、トマトジュースばかり飲むのはおすすめできません。
それは、ジュースでは、かむ必要がないからです。
かむという行為には、形のあるものをくだくだけでなく、胃腸の働きをスムーズにする唾液を分泌し、食物繊維で歯を掃除するといった作用があります。
ジュースではこれがなくなるので、生のものと上手に使い分けましょう。

また、ミニトマトには普通のトマト以上の栄養素があり、カロチンは2倍以上、ビタミンCも1.5倍も多いのです。
包丁いらずで便利に使えますから、冷蔵庫に常備しておきたいですねo(*^^*)o

*:;,.☆トマトの上手な湯むきの仕方☆・:.,;*
(1)トマトの頭に包丁で十字の切れ目を入れます。
(2)沸騰した湯にヘタの部分をフォークで刺したトマトを入れます。
(3)皮がめくれてきたら素早く氷水につけ、指でトマトの皮をむきます。
氷水につけるのは、トマトに熱が通りすぎるのを防ぐためで、生のままより、湯むきのほうが簡単に皮をむけますよ。

tomato234P364.jpg

*:;,.☆トマトの目利きポイント☆・:.,;*
新鮮なトマトはへたがピンとしています。
全体的に色が均一で丸みがあり、皮にはりがあって重いものを選びましょう。

保存するときは、ポリ袋に入れて野菜室へ。
重なった部分からいたむので、へたを下にして、重ねずに並べて保存しましょう。


にほんブログ村 料理ブログへにほんブログ村 グルメブログへ

七夕とそうめんの深いつながり

写真:そうめん もうすぐ七夕ですね。
そこで、今回は、七夕とそうめんとのつながりについてお話ししたいと思います。

貝原益軒の「女大学」に描かれた七夕祭りには、輪にしたそうめんを竿にかけて、初物の野菜などと一緒に縁側に供えている絵図があります。

七夕をたなばたと読むのは、棚機(たなばた)、つまり棚(横板)のついた織機に由来しているようです。

織姫にあやかって、裁縫や手芸の技術の上達を願う行事は、かつて宮中で行われていたものでした。
それが江戸時代には民間にも受け継がれ、当時は現在のそうめんように切りそろえないので、かなり長かったそうめんを糸に見立てて飾り、食べる習慣が広まったようです。

また、中国から伝えられた故事には、「中国古代の帝の子が7月7日に死んで、鬼になって熱病を流行らせたので、生前、好物だった策餅(さくへい)を供えて霊を弔った」とあります。
この策餅が、現在の手延べそうめんの起源とされている麺です。

平安から鎌倉にかけての文献には、この故事から、「7月7日に策餅を食べると、熱病にかからない」と書かれています。

江戸中期ごろには、七夕にそうめんを贈答する習慣も普及しました。
今でも、暑い夏のお昼には冷たいそうめんを・・・という家庭は多いと思います。
お中元にもうれしい一品ですよね(=^^=)


にほんブログ村 料理ブログへにほんブログ村 グルメブログへ

カレンダー

2012年10月
S M T W T F S
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

更新カンタンチェック!

RSSリーダーに登録してご利用ください。