Kanehatsu Web Blog

最新のエントリー

おいしいカレーのこつ

kare-raisuP192.jpg 家族みんなの大好物といえば、カレーですね。
カレーライスは定番メニューですので、作り方はみなさんご存知だと思います。
ただ、1つ注意したいのは肉の焼き方です。

カレーを作るとき、肉を生のまま煮込まず、あらかじめ焼いておくのは、おいしい肉汁を封じ込めるためです。

カレーは少なくとも30分は煮込むので、生の状態で入れると、肉のうま味がカレーに溶け出して、肉自体をおいしく食べられなくなります。
そこで、うま味をガードしながら、煮くずれも防ぐために肉を焼いておくのです。

ただ、焼きすぎると肉がかたくなるのでこつが必要です。
カレーの肉はそのあと煮込むので、肉の表面に焼き色がつきさえすれば、中は生でも大丈夫。
角切り肉の場合、6つの面に焼き色をつけましょう。
強火で手早くがPOINTです(^ー゜)σ

また、海老やいか、ホタテなどを入れたシーフードカレーもおいしいですね。
作り方は肉を入れたカレーとほとんど同じですが、シーフードカレーでは、具をいったん取り出して、最後にもどしいれることがおいしさの秘訣です。

シーフードを肉の場合と同じように煮込み続けると、具が堅くなってしまいます。
特に海老や貝類はゴムのように堅くなって味もまずくなります。
そのため、シーフードは、鍋に入れて火が通ったら、いったん取り出しましょう。
それから、しばらくカレーを煮込んでコクをだし、最後に具を戻しいれてひと煮しましょう。
こうすると、具の味がいきてきます。

カレーやシチューは冷凍保存することができます。
その時のこつは、じゃがいもを取り除いて冷凍することです。
じゃがいもは冷凍すると極端に味がおちます。
もしあらかじめ冷凍するつもりであれば、じゃがいもを抜いてカレーを作って、食べる都度に下煮したじゃがいもをいれるとおいしくなります。

また冷凍するときは、カレーを入れる密閉容器にはラップを敷くのがこつです。
カレーのにおいや色が容器に移ってしまうので、ラップを敷くひと手間だけで、後片付けがグンと楽になりますよヽ(´▽`)/~♪


にほんブログ村 料理ブログへにほんブログ村 グルメブログへ

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.kanehatsu.co.jp/cgi-bin/cmsbb/mt-tb.cgi/515

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

カレンダー

2012年10月
S M T W T F S
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

更新カンタンチェック!

RSSリーダーに登録してご利用ください。