Kanehatsu Web Blog

最新のエントリー

サバの味噌煮のこつ

サバの味噌煮 「秋サバは嫁に食わすな」といわれるように、秋のサバは脂がのってとてもおいしくなります>・)))彡
このサバで作る味噌煮は、作る手間がかからなくて、夕飯のおかずにおすすめの一品ですよね。

サバは3枚におろしてあるものを買ってきてもいいですが、もし1尾のまま買ってきておろすなら、2枚おろしの切り身にすることをおすすめします。
サバの味噌煮は、中骨のついた2枚おろしのほうが、うま味が出るし、煮ても縮まないからです。

下ごしらえのときには、皮目に飾り包丁を入れましょう。
青魚には、特有の臭みとクセがあり、それを消すにはできるだけ魚の中に火を通し、煮汁をしみ込みやすくする必要があります。
そこで、井の字十の字の切り込みを入れるのです。
また、このように切り込みを入れることで、魚の皮が縮んだときの身割れを防ぐ役割も果たしてくれます。

→魚を煮るときのPOINTはおいしい煮魚のこつを読んでくださいね((o(^-^)o))

サバ *:;,.☆サバの優れた栄養成分☆・:.,;*
サバに含まれるタウリンには、血中コレステロール値を低下させる、視神経を活性化させる、肝臓の働きを良くするといった効果があり、特に血合いを部分に多く含まれています。
ビタミンB2やEPA、DHAも豊富。
サバは脂肪が多いのですが、ビタミンB2は脂肪の代謝を助ける働きがあるので、効率よく脂肪がエネルギーに変わります。
B2には美肌効果もあるので、女性にはうれしいですね。
EPAやDHAは、切り身ひと切れで1日に必要な量が摂取できますよ>'))))彡


にほんブログ村 料理ブログへにほんブログ村 グルメブログへ

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.kanehatsu.co.jp/cgi-bin/cmsbb/mt-tb.cgi/559

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

カレンダー

2012年10月
S M T W T F S
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

更新カンタンチェック!

RSSリーダーに登録してご利用ください。