Kanehatsu Web Blog

最新のエントリー

筑前煮作りのポイント

写真:筑前煮 おふくろの味の代表といえば・・・筑前煮ですねσ(゜-^*)
鶏肉の入った筑前煮は、肉のうま味がきいていておいしいですよね。
ちなみに昨日の夕食のおかずは鶏入り筑前煮でした!
そこで・・・今回は筑前煮をおいしく作るポイントについてお話しします。

まず、筑前煮に加える具材は乱切りにします。
これは、野菜を乱切りにすると、堅い野菜でもよく火が通るようになるとともに、煮汁につかる表面積が増えて味がしみこみやすくなるためです。
ただし乱切りにするときは、材料がほぼ同じ大きさになるようにしましょう。

次に、カットした肉や野菜を油で炒めますが、これは、油で炒めることで、それぞれの具材に油の膜がはられ、具材からうま味が逃げにくくなるためです。
また、油を加えると、コクのある味になり、仕上がりにおいしそうな照りも出ます。

油で炒める順は、鶏肉を最初にして、あとは味のしみ込みにくい順に材料を入れるようにします。
味のしみこみにくいコンニャクは早めに、煮崩れしにくい里芋は後にいれるようにしましょう。

次に煮汁で煮ますが、筑前煮の場合は、だしを入れる必要はありません。
具材が多い場合や、いいだしが出る肉や干し椎茸が入っている煮物では、だしを入れる必要はなく、逆にだしを入れるとかえって味がくどくなってしまいます。

筑前煮は、様々な具材からうま味がでるので、水、酒、みりん、砂糖、醤油を入れるだけでおいしく仕上がりますo(^ー^)o


にほんブログ村 料理ブログへにほんブログ村 グルメブログへ

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.kanehatsu.co.jp/cgi-bin/cmsbb/mt-tb.cgi/630

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

カレンダー

2012年10月
S M T W T F S
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

更新カンタンチェック!

RSSリーダーに登録してご利用ください。