Kanehatsu Web Blog

最新のエントリー

天ぷらをカラッ!と揚げるこつ

tenpura1P150.jpg いよいよ味覚の秋本番ですね。
今が旬のさつまいもは、天ぷらで食べるとおいしいですよね~(^-,^)

我が家で一番人気のある天ぷらは、やっぱりさつまいもの天ぷらです。
そこで今回は、天ぷらをおいしく揚げるプロの技をお話ししたいと思います。

まず、天ぷらの衣は、小麦粉と卵と水を混ぜて作りますが、小麦粉に水を加えて練ると、タンパク質がグルテンを形成し、粘りが出ます。
薄力粉は、タンパク質の量が少ないため、水で溶いても粘りが出にくく、カラッと軽い天ぷらを作るのに最適です。
逆に、中力粉や強力粉はタンパク質が多く、粘りが強く出すぎて、衣がぼってりとした塊になってしまうので、避けましょう。

衣を作るときは、卵液の中に粉を入れ、さっくり切るように混ぜるのがおいしく作るコツです。
粉に卵液を混ぜても、卵液に粉を混ぜても、最終的に混ざれば同じことのように思えますが、粉に卵液を混ぜると混ざりにくく、長く混ぜているうちに粘りがでてきます。
粉に粘りが出ると天ぷらはサクサクに仕上がらないので、粘りを出さないために、卵液の中に粉を入れるようにするのがポイントです(゜-^*)σ

また、温度が高くなるほど、粘りが強くなるので、水の温度を上げないこともポイントです。
温度の目安は15℃
冬場は水道水で大丈夫ですが、温度が上がりやすい夏場は、水だけでなく、使う容器も一緒に冷蔵庫に入れておきましょう。

tenpura2P150.jpg そして衣は、グルグルかき回すのではなく、十字を切るように直線的に混ぜ合わせるのがコツです。
そして、少々ダマが残っていても構わないので、2~3割粉が残っている程度で手を止めましょう

水を混ぜた小麦粉は、そのまま放っておくだけでも、小麦粉の中の酵素が働いてグルテンができ、粘りが出てきます。
5分間放置するだけで、衣の粘性は1.5倍にもなりますので、衣は揚げる直前に作りましょう。

次に、揚げるときのポイントですが、油の中に材料を入れると、揚げ油の温度がどうしても下がります。
油の量が少ないと、材料を入れたとき、油の温度は下がったままになり、カラリと揚がらなくなります。
油の温度を元に戻りやすいように、油はたっぷりと使いましょう。


また揚げている最中は、揚がり具合が気になりますが、さわりすぎると、繊細な衣がさわるたびにはがれて、ボロボロになってしまいます。
ひっくり返すのは、天ぷらが浮き上がってきたときに、一度返して裏表の色を一緒にするだけで十分ですよ。


にほんブログ村 料理ブログへにほんブログ村 グルメブログへ

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.kanehatsu.co.jp/cgi-bin/cmsbb/mt-tb.cgi/657

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

カレンダー

2012年10月
S M T W T F S
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

更新カンタンチェック!

RSSリーダーに登録してご利用ください。