Kanehatsu Web Blog

最新のエントリー

七五三のならわし

写真:七五三 3歳の男女、5歳の男児、7歳の女児の幸福を願ってお宮参りするのが七五三。
本来は数え年で祝いますが、最近では満年齢で祝い、おまいりは11月15日前後の土、日曜あたりに行うことが多くなりました。

この七五三の発祥は、奇数をよしとする数字感覚から始まったようで、昔からの幼児の通過儀礼年齢と一致することから、この名称となったようで、もともとの習俗は武家のものです。

3歳の髪置き・・・剃っていた頭に髪を生やし、おかっぱは結髪に改めました。
5歳になると袴着・・・男児に初めて袴をつけ、碁盤に立たせて祝宴をはり、勝負強い男になれとの願いを込めました。
そして7歳の帯解き・・・女児の着物の付け紐をとり、初めて帯を結ぶもの。
さらに男女とも7歳は少年少女への節目とされ、この年の宮参りからは一人前の人格として認知されました。

祝い日が11月15日なのは、家々の家業の神様を祭る霜月祭だったという説や、五代将軍・綱吉の子の髪置きの儀式が行われた故事にちなむという説もあります。
七五三の行事が庶民にも広がったのは明治以降、盛大になったのは大正以後のことです。

そして、七五三といえば千歳飴
千年の歳をとるほど長生きをするという縁起物です。
飴を使うのは、貴重品だった甘いものを神様へ供えていた昔の名残からだそうです。

七五三の日は、祖父母や親戚などを招いて、子供と一緒に楽しく、思い出に残るようなお祝いにしましょう。
特に献立には、3歳のお祝いは、「真魚(まな)の祝い」といって、えびや鯛を使う習慣があるようです。

七五三は子供のお祝いの行事ですので、子どもの好きな料理を加えてあげましょう。
盛り付けに工夫をこらして、ちょっと改まった雰囲気を演出してみてはいかがでしょうか
o(*^^*)o


にほんブログ村 料理ブログへにほんブログ村 グルメブログへ

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.kanehatsu.co.jp/cgi-bin/cmsbb/mt-tb.cgi/702

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

カレンダー

2012年10月
S M T W T F S
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

更新カンタンチェック!

RSSリーダーに登録してご利用ください。