Kanehatsu Web Blog

最新のエントリー

お正月の伝統行事

写真:鏡餅 お正月は日本人にとって最も大切な年中行事です。
年神様をお迎えして新しい年の訪れを祝い、心清らかに一年の福を願うのが本来の過ごし方です。

正月とは一年で最初の月という意味で、1日目が元日。
元旦はその朝を指します。
お正月の行事は元旦から小正月の15日前後まで続き、それぞれに伝統的なしきたりがあります。

元旦は初日を拝んだり初詣をします。
家族全員がそろったら、主人の音頭とりで新年のあいさつを交わし、お屠蘇を飲んで1年間の無病息災を祈ってから、おせちやお雑煮をいただきます。

1月7日は七草粥をいただきます。
七草粥は、中国の1月7日に七種類の菜を食べる風習が、江戸時代に幕府から庶民にも伝わったといいます。
お粥に炊き込む七種類の菜は薬効にすぐれ、無病と長寿の願いにつながったのです。

また、11日の鏡開きは、年神様へお供えした鏡餅をおろす日。
縁起よく、「開く」といい、加護にあずかる気持ちから、くずして、ぜんざいなどにしていただきます。

お正月に関するこのほかの情報をカネハツヒントブログに詳しく掲載しておりますので、ぜひご覧くださいね((o(^-^)o))


にほんブログ村 料理ブログへにほんブログ村 グルメブログへ

大みそかの過ごし方

写真:年越しそば 行く年、来る年の境い目にあたる大みそかは1年の総決算の日です。
今年1年のけがれを払い、無事を感謝する日でもあります。

大みそかは心身を清めて家や神社にこもり、寝ずに年神様を迎えるのが本来の年越しでした。
これは、元旦の朝、社寺に詣でる初詣として現在も続いています。

子供達が、この日ばかりは除夜の鐘を聞くまで起きていてよいとされるのも、古来の年越しの名残。
大みそかの夜には、人間の煩悩を意味する百八つの鐘(除夜の鐘)がつかれます。

除夜の鐘を聞きながらそばを食べるのは、そばには五臓の毒をとる働きがあり、そばのように細く長く生きられるという縁起ものだからです。

また、金細工師が金を集めるのにそば粉を使ったことから、金が集まってくる、といういわれもあります。

大みそかは年越しそばを食べて、新年を迎えましょうねo(*^^*)o


にほんブログ村 料理ブログへにほんブログ村 グルメブログへ

おいしいすき焼きのこつ

sukiyakiP192.jpg 冬になると、鍋物が食卓によく登場します。
鍋物の中でも、すき焼きは特に豪華な感じがして嬉しいですねv(≧∇≦)v

すき焼きは鋤(すき)の上にみそで土手を作り、炭火で牛肉を焼いて食べたのが始まりだそうです。

一般的に、関東と関西では、すき焼きの作り方が違います。
関東は、酒、醤油、砂糖で作った割りしたを煮立てたところに肉や野菜を入れます。
関西は、先に肉をサッと焼いたところに砂糖、醤油、だし汁を加えて味をつけます。

一般的に、すき焼きには鉄鍋を使いますが、これは、鉄鍋の熱の伝導率がすき焼きに最も適しているからです。
醤油と砂糖を水分の少ない状態で加熱するすき焼きは、熱しすぎると焦げつき、逆に温度が低いと肉に火が通りにくく、食べるときに堅くなってしまいます。

鍋物を作るときによく使われる土鍋や銅鍋と鉄鍋の熱伝導率を比べると、土鍋→鉄鍋→銅鍋の順に熱伝導率が高くなります。
鉄鍋は熱伝導率が中程度なので、最もすき焼きに適しているのです。
なお、すき焼きに使う鉄鍋の底が平らなのは、すき焼きの割りしたを鍋全体に行き渡らせるためです。

次に、すき焼きにつきもののしらたきについてですが、下ゆでしてから鍋に入れるようにしましょう。
これは、しらたきは石灰乳という成分で固めて作られているのですが、この石灰乳が多めに入れられているからです。
そのため、そのまますき焼きに使うと、その苦味が残ってしまいます。

また、すき焼きの肉としらたきはできるだけ離していれたほうが、肉がおいしく仕上がります。
しらたきの石灰乳に含まれるカルシウムには、肉の凝固を早め、かたくする作用があるため、肉と隣り合わせに入れると、肉がかたくなり味も落ちてしまうのです。

さらに、しらたきのカルシウムは肉の色をどす黒くします。
鍋の中では、できるだけ触れ合わないよう注意しましょうね(o^_^o)σ


にほんブログ村 料理ブログへにほんブログ村 グルメブログへ

もうすぐ楽しいクリスマス

画像:クリスマスケーキ もうすぐ皆さんお待ちかねのクリスマスですね
クリスマスはイエスキリストの生誕祭で、キリスト教徒最大の行事です。

しかし、ヨーロッパではこの日は冬至の太陽復活祭にあたり、ローマ教会がクリスマスを制定する以前から祝日とされていました。

クリスマスのメインディッシュは、欧米では七面鳥(ターキー)の丸焼きと決まっています。
日本ではローストチキンが一般的ですね。

クリスマスケーキは、日本ではデコレーションケーキが主流ですが、ヨーロッパでは、まきの形をしたブッシュ・ド・ノエルや、ナッツや洋酒につけたドライフルーツ、ミンスミートなどのたっぷり入ったフルーツケーキが正統派です。

今年のクリスマスも、温かい料理を家族で囲んで幸せを分かち合いましょうね(^v^)


にほんブログ村 料理ブログへにほんブログ村 グルメブログへ

冬至の縁起物

画像:カボチャ煮物 もうすぐ冬至ですね。
冬至は、一年でいちばん夜が長い日。
つまりこの日からは次第に昼が長くなるので、太陽がよみがえってくる「一陽来復」の日ととらえて、無礼講が許されています。

古代ローマでもこの日だけは奴隷も解放されたそうです。
日本では、昔からこの日にゆず風呂に入り、かぼちゃを食べると中風(脳卒中)にならないという言い伝えがあります。

冬至の七種は、「ん」がつく食材・・・なんきん(かぼちゃ)、にんじん、れんこん、ぎんなん、きんかん、かんてん、うんどん(うどん)で、これらを食べると病気にかからず、うどんは、運、鈍、根に通じるので出世するといわれています。

いずれも栄養があり、体の温まる食べ物ですから、寒い冬を無事に過ごすために考えられた昔の人の知恵といえますね(=^^=)


にほんブログ村 料理ブログへにほんブログ村 グルメブログへ

大根のおいしさを生かすこつ

daikonP192.jpg 冬の野菜の代表といえば・・・大根ですね(=^^=)
今日は、旬まっさかりの大根についてお話しします。

大根は種類が豊富で、年間を通して出回っていますが、特に12~2月頃にかけての大根は甘みが増し、美味しくなります。

大根を買うときは、白い根の部分がまっすぐにのびていて皮につやとハリがあるものを、葉はピンと伸びてつやが良いものを選びましょう。
葉を切ってあるものは、切り口がみずみずしいものを選びましょう。

葉付きの大根は、葉が水分や栄養分を奪ってしまうので、買ってきたらすぐに葉を落とします。
この葉は捨てずに、ゆでて胡麻和えにしたり、刻んで炒めてもおいしくいただけます。

大根は部位によって味が違うので、用途に応じて使い分けましょう。
例えば、葉に一番近い部分は甘味が強いので、大根おろしやサラダ、酢の物などの生食がおすすめです。
中央部分は甘味も柔らかさもあるので、おでんの具やふろふき大根、含め煮などの加熱する料理にぴったり。
そして、堅くて辛味の強い先端部分は、即席漬けや味噌汁などに使うと良いでしょう。

おいしい大根おろしを作るには、縦に走る大根の繊維を断ち切ることがポイントです。
大根を斜めに持っておろすと、繊維が垂直に切断されないため、舌触りのなめらかな大根おろしにはなりません。
細かい大根おろしを作るには、大根をまっすぐおろし金にあて、直角に立てておろしましょう。

このように、大根は繊維にそって切るかどうかで食感が大きく変わります。
例えば、シャキシャキとした食感に仕上げたいときは、繊維にそって大根を切ります。
皮をむいた大根を5~6cmの輪切りにして、縦に向かって薄切りにし、それをさらに繊維にそって細く切ればシャキシャキとした千切りになります。

反対に、柔らかい口当たりにしたいときは、輪切りに薄く切ってから千切りにすれば、繊維に逆らうので、しんなりとした食感になります。
この切り方は、味噌汁の具などの加熱する料理に向いているんですよ。

*:;,.☆大根の栄養成分☆・:.,;*
大根は根と葉では含まれる栄養素が異なります。
根にはビタミンCやカリウム、でんぷん分解酵素のアミラーゼなどが含まれます。
アミラーゼはでんぷんの消化、吸収を助ける働きがあるので、胃がもたれたときなどに食べると効果的です。

葉は、β-カロチン、ビタミンB2、C、カルシウム、鉄をたっぷり含む栄養の宝庫。
ビタミンCは根の4倍以上の量を含んでおり、栄養的には根より優れています。
根は淡色野菜に分類されますが、葉は緑黄色野菜に入ります。


にほんブログ村 料理ブログへにほんブログ村 グルメブログへ

ほうれん草のおひたしのこつ

写真:ほうれん草のお浸し 冬は、ほうれん草がおいしい季節ですね(^v^)
今回は、このほうれん草でお浸しをおいしく作るこつについてお話しします。

この時期のほうれん草は、春夏のものに比べて、栄養が多く、甘味もあります。
葉が厚くて、緑が濃く、葉先がピンとしているものが新鮮です。

ほうれん草は、ゆでる前に水をたっぷり吸わせてからゆでるようにしましょう。
こうして、一度葉に水が通る道を作ると、ゆでる時間を短縮でき、ミネラルなどの栄養分の流出を抑えることができます。

そして、根の部分を切り落とし、根元の赤い部分に十文字の切り込みを入れておくと、洗うときに泥がよく落ちるうえ、火の通りもよくなります。
太いほうれん草は十文字、細いほうれん草は一文字に切り込みを入れましょう。

ほうれん草の赤い部分には、鉄分やうま味があるので、切り落とさずにきちんと下処理をしておいしく食べましょう。

またこの部分は少し堅いので、こちらからゆでないと均等な柔らかさに仕上がりません。
そこで根元から湯に入れ、ひと呼吸おいてから葉のほうを入れると、まんべんなくゆでることができます。
また、ゆですぎると歯ごたえが無くなってしまうので、沸騰した湯の中で10秒ほどゆでるようにしましょう。
このときに水に対して1.5%程度の塩を加えると、色よく茹で上がります。

そして、茹でたら手早く洗いましょう。
これは、ほうれん草に含まれるアク(シュウ酸)を十分に抜かないと、食べるとギシギシして不快な舌触りになるためです。
冷水にさらして素早く冷ますと色止めにもなります。

ほうれん草のおひたしは冷水にとって冷まし、水気をしぼった後、醤油少々をふってもう一度水気をしぼると、水っぽくならずにおいしく仕上がります。
また、材料を和えたまま放置しておくと、調味料が材料の中に浸透して、材料の水分が外に引き出されてしまい、水っぽくなって、歯ごたえや風味が失われてしまいます。
食べる直前に和えるようにするとおいしく仕上がりますよo(*^^*)o


にほんブログ村 料理ブログへにほんブログ村 グルメブログへ

ブロッコリーの上手な料理法

写真:ブロッコリー ブロッコリーは12~2月の今の時期が一番おいしい季節です。
今日は、私も大好きな、このブロッコリーについてお話しします( ^o^)y

ブロッコリーを買うときは、濃い緑色をしており、つぼみが密集しているものを選びましょう。
茎に空洞がなく、みずみずしいものが新鮮です。

ブロッコリーはつぼみを食べますが、茎の部分にもビタミンCや食物繊維が豊富に含まれています。
捨ててしまう人も多いと思いますが、グリーンアスパラガスに似た甘さがあるので、上手に調理して食べるようにしましょうp(*^-^*)q

まずつぼみを切り落としたら、根元に近いかたい部分を切りとります。
あとは厚めに皮をむき、薄切りにするなどしてゆでたらつぼみと一緒に調理しましょう。

また、ブロッコリーを電子レンジで加熱すると、ビタミンCを約95%残すことができます。
小房に分けてから耐熱皿に並べ、ラップをして100gにつき約2分を目安に、様子をみながら加熱してくださいね。

*:;,.☆ブロッコリーの栄養成分☆・:.,;*
ブロッコリーにはビタミンCが豊富に含まれています。
1回で食べる量で比較した場合、最も多くビタミンCを含む野菜はブロッコリーなのです。
また、β-カロチン、ビタミンB1、B2、Eも豊富。
カルシウムや鉄などのミネラル、食物繊維もたっぷり。
マグネシウムや亜鉛、ガンの発生や成長を抑える作用のあるサルフォラファンという成分やビタミンUなど、とにかく栄養価が高い野菜です。
アメリカでは、ガン予防に役立つからと、ブロッコリースプラウトも人気です。


にほんブログ村 料理ブログへにほんブログ村 グルメブログへ

カレンダー

2012年10月
S M T W T F S
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

更新カンタンチェック!

RSSリーダーに登録してご利用ください。