Kanehatsu Web Blog

最新のエントリー

大みそかの過ごし方

写真:年越しそば 行く年、来る年の境い目にあたる大みそかは1年の総決算の日です。
今年1年のけがれを払い、無事を感謝する日でもあります。

大みそかは心身を清めて家や神社にこもり、寝ずに年神様を迎えるのが本来の年越しでした。
これは、元旦の朝、社寺に詣でる初詣として現在も続いています。

子供達が、この日ばかりは除夜の鐘を聞くまで起きていてよいとされるのも、古来の年越しの名残。
大みそかの夜には、人間の煩悩を意味する百八つの鐘(除夜の鐘)がつかれます。

除夜の鐘を聞きながらそばを食べるのは、そばには五臓の毒をとる働きがあり、そばのように細く長く生きられるという縁起ものだからです。

また、金細工師が金を集めるのにそば粉を使ったことから、金が集まってくる、といういわれもあります。

大みそかは年越しそばを食べて、新年を迎えましょうねo(*^^*)o


にほんブログ村 料理ブログへにほんブログ村 グルメブログへ

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.kanehatsu.co.jp/cgi-bin/cmsbb/mt-tb.cgi/763

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

カレンダー

2012年10月
S M T W T F S
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

更新カンタンチェック!

RSSリーダーに登録してご利用ください。