Kanehatsu Web Blog

最新のエントリー

鏡開きのいわれ

写真:ぜんざい 11日の鏡開きは、正月に年神様へお供えした鏡餅をおろす日で、この鏡もちを食べると、1年間無病息災ですごせるといわれています。

年神様が宿っているとされる鏡餅を、ありがたく、みんなで分け合っていただくということのほかに、堅いものを食べて歯を丈夫にし、健康と長寿を願う「歯固め」の意味もあるといいます。

おろした鏡餅は砕いて、ぜんざいやおしるこ、雑煮などにして食べますが、鏡もちは刃物を使わず手や槌で割って砕きます。

刃物で「切る」「欠く」といった忌み言葉を嫌った武家社会のなごりで、手や槌を使って割ることを「開く」というようになったようです。



にほんブログ村 料理ブログへにほんブログ村 グルメブログへ

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.kanehatsu.co.jp/cgi-bin/cmsbb/mt-tb.cgi/768

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

カレンダー

2012年10月
S M T W T F S
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

更新カンタンチェック!

RSSリーダーに登録してご利用ください。