Kanehatsu Web Blog

最新のエントリー

節分の行事

写真:節分 2月3日は節分ですね。
節分とは、「季節の移り変わる時」という意味で、もとは立春、立夏、立秋、立冬の前日をいい、年に4回ありました。
節分が立春の前日だけをさすようになったのは、冬から春になる時期が1年の境と考えられたためです。

季節の変わり目には邪気(鬼)が生じると考えられており、それを追い払うために、いわしの頭をヒイラギの枝に差して戸口に立てておいたり、豆まきをするようになったそうです。

現在でも、節分の夜に「鬼は外、福は内」と掛け声をかけて豆を撒きますが、豆を鬼にぶつけることにより、邪気を追い払い、一年の無病息災を願うという意味があります。

節分の豆は、大豆を炒ったもので、鬼打ち豆、福豆、年とり豆ともいわれ、お正月の黒豆と同じように、「まめに暮らせますように」との願いが込められています。
自分の年の数だけ食べると、その年の厄を払うことができるといいます。

いわしを焼いて食べる習わしは、そのにおいと煙で鬼を退散させるためといわれます。
脂ののったいわしは、栄養満点で、鬼ならぬ病気の追放に効果てきめんですね。

また、関西には、節分に恵方を向いて巻きずし(恵方巻)を無言で丸かぶりすると、その年1年に幸福が訪れるという言い伝えがあります。
恵方(今年は北北西)とは、その年の年神のいる方角で、この方角は今年1年間、何事につけても吉となる方角だそうです。

巻き寿司には「福を巻き込む」という願い、切らずに食べるのは「縁を切らない」という願いが込められています。
この恵方巻の風習は、最近では関西地方だけでなく全国的に知られるようになりましたね。


にほんブログ村 料理ブログへにほんブログ村 グルメブログへ

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.kanehatsu.co.jp/cgi-bin/cmsbb/mt-tb.cgi/786

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

カレンダー

2012年10月
S M T W T F S
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

更新カンタンチェック!

RSSリーダーに登録してご利用ください。