Kanehatsu Web Blog

最新のエントリー

6月29日は【佃煮の日】

gomakonbu.jpg 6月29日は【佃煮の日】なんです♪
佃煮の日にちなんで、今日はちょっとだけ佃煮の歴史ついてお話しようと思います。

時代は江戸時代までさかのぼります。“佃煮”は「佃島(つくだじま)」にちなんで生まれました。
佃煮を一番最初に食べた歴史上の人物は徳川家康だと言われています。

明智光秀の謀反によって織田信長を自刃に追いやった本能寺の変が起きていた時、信長の盟友である徳川家康はわずかな共と堺に滞在していました。堺の商人から本能寺の変を知らされた家康は、信長に殉じるとまで言いましたが、家臣に説得され岡崎城まで帰国を図ります。
明智光秀にとっては、家康を討ち取るチャンスです。明智光秀軍や混乱に乗じた暴徒などとの遭遇を回避するために、家康の岡崎城帰路は険しいものでした。
その命がけの帰還中に、家康は佃煮と出会ったと言われています。
家康一行が川を渡る時、佃村(つくだむら)( 現・大阪市西淀川区)の漁民が漁船と備蓄していた大事な小魚煮を分け与えたのです。その小魚煮は気候の悪い時期に人里離れた海路や山道を通って必死に脱出しなければならない一行にとって、日持ちも良く、体力維持にも素晴らしい効果を発揮しました。その後、家康は伊賀忍者などの協力も得て無事帰還します。 佃煮のありがたみを身にしみて感じた家康は、江戸幕府を開府した時に、当時漁業をするのに大変便利な土地であった佃島に佃村の漁民達を呼び寄せ、特別な漁業権を与えます。
そこから佃煮が広まっていったと言われています。
こういった経緯もあって、佃煮は本能寺の変が生んだとも言われているようですよ。

そんな、とってもありがたい佃煮。
ちょっと見方を変えて家族で佃煮を食べてみませんか?
カネハツ食品は佃煮商品を豊富に取り揃えております。
通販でも発売を開始致しました!  → カネハツ本舗開店中です

6月29日
は佃煮をたべましょう♪

父の日のプレゼント

今年の父の日は6月21日、今度の日曜日です。

みなさんもこの機会に日頃頑張っている「お父さん」に何かしてあげたいなと思っている人も多いのではと思います。

やっぱり、手っ取り早いのが何か贈り物をすることではないでしょうか。

gooリサーチによると「父の日に子どもから貰いたいプレゼントランキング」では1位「ネクタイ」、2位「お酒」の2つがダントツだそうです。

お父さんのイメージそのままですね。

3位と4位にはそれぞれ「トレーニングシューズ」「トレーニングウェア」が入り、メタボが気がかりなお父さんの思いの表れのようですね。
順位は以下の通り。

1位 ネクタイ
2位 お酒
3位 トレーニングシューズ ウォーキングシューズ
4位 洋服
4位 トレーニングウェア
6位 靴
7位 靴下
8位 ハンカチ
9位 デジカメ
10位 ビールジョッキ

まだ、父の日のプレゼントを準備していないあなた、また今まであげたことのないあなたもこの機会に考えてあげてくださいね。
2位のお酒に合うおつまみにカネハツの塩えんどうなんてのも10位のビールジョッキと一緒にいいのではないでしょうか!!

梅雨入りしましたね

気象庁は6月9日、東海、近畿、中国、四国、九州の各地方が梅雨入りしたとみられると発表しました。沖縄と奄美地方に続く梅雨入りで、それぞれ平年より1~11日遅く、昨年より12日遅いとのことです。

ところで、なぜ「梅雨」って言うか皆さんご存知ですか?

これは江戸時代に中国から伝わった言葉とされ、梅の実が熟すころの雨期なので「梅雨」と呼ばれたと言われています。また、「黴雨(ばいう)」とも書くことから、黴(かび)が生えやすい雨期を「黴雨」と呼ぶようになり、同じ音の「梅雨」に転じたという説もあるとのことです。

ジメジメとした いやーな時期ですが、こんな時期はシャキッ!とした。ごぼうサラダをたっぷり食べて元気に過ごしてくださいね。
\(○^ω^○)/
090609%E3%80%80gazou.jpg

夏に負けないからだ作りを

 6月に入りました。季節の変わり目、社内でも衣替えやクルービズが始まりましたね。

 ところで、みなさんは「6月病」をご存知ですか?「5月病」はよく耳にすると思いますが、実はこの「6月病」社会人に多いそうです。新入社員は4月は研修などでがんばって通うと思いますが、新しい環境への刺激やストレスを重ねながら実際の仕事を始めてようやく慣れてきた頃に症状が出るそうです。新入社員だけでなく異動があったベテラン社員にも起こりうる症状です。この「5月病」や「6月病」は俗語ですが、放っておけばうつ病に移行することもあるとか・・・

 そろそろ梅雨入りですが、湿気が多くジメジメして雨の日が多くなんとなく気持ちも落ち込み気味になりますよね。そういった梅雨特有の天候も関係しているのかもしれません。

「疲れ」感じていませんか?ふと立ち止まって自分の「心」と「からだ」のチェックをしてみましょう。まずは疲れにくい体作りから!

 そこで1日の基礎となる朝食を抜かず、1日3食をとることは基本中の基本。疲れをとるだけではなく、メタボリックシンドロームや胃腸の病気などの予防にもつながります。

 特に私たちが日常生活で必要なエネルギー源は、糖質・脂質・タンパク質です。ただ単にこの三大栄養素をとるだけではなくエネルギーへ変えるために必要なビタミンB群も一緒に取り入れましょう。

疲れにくい体を作るためには

タンパク質

●多く含まれている食材

青魚・白身魚・牛乳・卵

ビタミン・ミネラル

●多く含まれている食材

うなぎ・レバー・ピーマン・トマト・豆類・穀物

糖質(炭水化物)

●多く含まれている食材

白米・パン・そば



 食生活の積み重ねは体や心にも確実に影響します。朝食にタンパク質をとることで、目も覚め、体内時計が動き始めます。体温が上がって頭がさえた状態に。午前中の仕事への集中力もぜんぜん違います。最近お気に入りのモーニングスープは温めても冷やしてもおいしく、手間要らずで、具だくさんで栄養も満点!私も大好きです☆ぜひお試しを!

 梅雨が明ければ暑~い夏が今年もやってきます。今年も猛暑になるそうですよ^^;夏バテ防止の為にも日頃の食事のバランスを見直してみては?
%E3%81%82%E3%81%98%E3%81%95%E3%81%84.jpg


カレンダー

2012年10月
S M T W T F S
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

更新カンタンチェック!

RSSリーダーに登録してご利用ください。