Kanehatsu Web Blog

最新のエントリー

「衣替え」について

%E6%B4%97%E6%BF%AF%E3%80%80%E3%81%BF%E3%81%A9%E3%82%8A.jpg
みなさんはもう衣替えは済みましたか?季節の変わり目とはいうものの、今年は花冷えや雨の日で寒い日が続いたこともあり、セツコも毎日何を着ればよいか迷っています。ここにきてようやく気温も安定して過ごしやすくなってきました。少し面倒ですが、そろそろ冬の服をタンスにしまって初夏へ向けて準備をしたいと思ってます。



○●衣替えの歴史●○

 衣替えは、平安時代の宮廷で中国にならい、旧暦の4月と10月の1日に夏と冬服の着替えが定められました。初めは「更衣(こうい)」と言いましたが、天皇に奉仕する女官で女御に次ぐ位の者と名称が重なるため庶民は「着替え」と言うようになったという言われもあります。

 現代の形式の衣替えを最初に行ったのは、明治6年、太陽暦を採用した政府は、軍人・警察官・役人の制服を洋服と定め、新暦の6月と10月の1日にその衣替えを行うことにしたそうです。やがて学校や会社、そして庶民もこれにならい、現代の姿になったといわれています。

 豊かな四季がある日本。衣替えは自然とともに暮らしてきた日本人が長い歴史の中で育ててきた文化です。自然の変化に合わせて「着替える」ことで、気分も変え、身も心もリフレッシュしてきました。そしてまた、気持ちよく着られるよう、衣類を大切に扱う・・・四季があるからこそ受け継がれてきた「衣替え」の文化をこれからも大切にしていきたいですね。最近では品質のいい服がとてもお値打ちに買えてしまいます。「傷んでしまえば買い替えればいい」と思っていませんか?「衣替え」をきっかけに衣類のお手入れの仕方を見直してみましょう。



○●衣替え 基礎知識○●

1 衣替えのための洗濯。適した日は?

長い間しまっておく衣類は、しっかり乾燥させることが大切です。晴れた日で、しかも適度に風がある日がおすすめ。

2 クリーニングでついてきたビニールカバー。しまうときはどうしたら?

クリーニングでついてくるビニール袋は、保存には適していません。薬剤が残っていて衣類が傷むこともあるので必ず外して収納を。ハンガーに掛け、専用のカバーに取替えます。

3 防虫剤の置き方

防虫剤の効き目上から下へ。つまり下に敷いり中に詰め込んだりしても効果は少ない、ということ。重ねた衣類の一番上に指定量を置きましょう。ただし、衣類の詰め込みすぎ、別の種類の防虫剤を一緒に使うのは厳禁です。

4 しまうときは

使い勝手がよいプラスチックケースは湿気が逃しにくいため、ケースの底に新聞紙や防湿シートを敷いておき、湿気対策をしておきましょう。また、タンスにしまう場合、引き出しの順番も考えましょう。湿気は下に溜まりやすいため、デリケートな絹、カシミヤ、ウールは上段。比較的湿気に強い綿や化学繊維は下段にしまいましょう。                                               
%E6%B4%97%E6%BF%AF%E7%89%A9%E3%80%80%E3%81%8B%E3%81%94.jpg
 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.kanehatsu.co.jp/cgi-bin/cmsbb/mt-tb.cgi/1518

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

カレンダー

2012年10月
S M T W T F S
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

更新カンタンチェック!

RSSリーダーに登録してご利用ください。